toyodamichiko.jp

豊田美智子の個人的なブログです。

9月4日(火)に書いたことです。

先日書いた、バス会社による私の車椅子乗降の際の事故(あるいは傷害)の件、たくさんの方に読んでいただき、コメントも多数ありがとうございました。
バス会社へ特定指名(運転手名)を書いた一連の事件をフォームに書いて送った後に、運輸局のフォームへバス会社名は伏せてこういう事件があったと書き、車椅子の乗降は面倒かもしれないけれど、ちょっとだけ手伝ってほしいと各バス会社に周知してほしいとお願いしました。

バス会社からは翌日に電話があり、またその翌日に助役の方がウチのマンションまでお詫びに来られました。どうやらバス会社の中でも今回の運転手は問題児の様子で、本人は反省していますといいつつ、あまり反省していないような感じを受け取りました。
持参されたお菓子は、私はクレーマーじゃないので受け取りませんといって辞退しました。

そして今日(3日)に、運輸局からメールが届きました。今回のことは放っておけない、バス会社名等の情報を教えてほしいとのことが書かれていました。
私は、上述のように各バス会社への周知徹底をしてほしいという希望を書いたのですが、バス会社と本人への注意喚起、接遇面の悪さなどの指導を運輸局が行うという返事が来るとは思っていませんでした。はいはい、わかりましたという程度の返事だろうなと思っていました。

もう、バス会社からのお詫びをいただいたので、運輸局にはその旨を伝え、引き続き、周知徹底を行っていただきたいとお願いするつもりです。
許認可産業だから指導が厳しいのかもしれませんが、当該バス会社も運輸局から指導を受けるとなれば、また大変なことになるでしょう。
私は出るところには出る、だからバス会社名と運転手名を晒して戦うつもりはありますが、お詫びに来られたバス会社の助役さんがかわいそうなので(後出しジャンケンのようになるので)、今回は引き下がりたいと思います。

以上、その後の経過でした。ありがとうございました。