構造化コーディネート研究所

代表である豊田美智子の個人的なブログです。

バリバリのバリア有りの渋谷駅。

JR渋谷駅から東京メトロ銀座線外苑前駅へ行くまでの介護タクシー会社へ電話したら、FAXないから郵送してといわれました。郵送して今日電話があり、仲間に聞いたけれど、近距離だし、GW中だから休む人もいるし、暇な人(酷い言い方)も何なりと用事が入っているので無理と言われました。

仕方がないから自力(車椅子)で渋谷駅から外苑前駅に行き、次の日に外苑前から代々木駅(目的地)に行くことにしました。

JR東日本に電話して、車椅子でJR渋谷駅から東京メトロ渋谷駅に乗り換えする方法を訪ねたら、ちょっと調べてみますとのこと。その結果、階段を使わないと行けないとわかりました。逆に銀座線渋谷駅からJR渋谷駅に行く方法は、銀座線に聞いてくださいとのこと。

その前に新幹線に乗るんだけれど、品川まで新幹線で行き、在来線に乗り換えるのに、新幹線出口まではJR東海の担当で、出たらJR東日本の担当になるので、そこで案内する人が変わるとのこと。

また、銀座線渋谷駅までのご案内をさせていただきますとお聞きして、逆のパターン(銀座線から山手線)のアデンドはどうなりますかとお聞きしたところ、東京メトロの範囲になるので、そちらにお電話してくださいとのこと。電話したけれど、午後8時までしか応対していませんでした。

明日もまた、ルート探しが続くのね。さすが東京、パラリンピックをするだけあってバリアフリー対応もすごいなあ、って言いたかったけれど、車椅子対応はバリアだらけです。

そもそも以前に泊まっていた代々木駅前のホテルが、シングルを1部屋にし、あとはダブルにしたので(もともとシングルでも2つベッドがありました)、2人でないと泊まれなくなったのがこの問題の原因です。

ホテルを変えるにも、GW中なので、格安ホテルはほとんど埋まっていて、1泊1万円以上するホテルばかりが検索に上がってきます。そんなホテルに何泊もできません。

明日には解決するかなあ。渋谷駅って、大阪で言えば環状線京橋駅のように感じました。イメージ違うかな?!