構造化コーディネート研究所(cc−labo)

代表である豊田美智子の個人的なブログです。事業所のURLはhttp://cc-labo.jp/です。

義次兄が亡くなりました。

今日7/20午後2時頃、グループホームに入居していた義次兄が亡くなりました。知的障害&認知症なので、痛いとも苦しいとも言えず、ひっそりと息を引き取ったようです。
 
義次兄は生活保護者です。そこで、亡義母(生活保護者)の時に葬儀代が市から少し出たので、担当者の方に連絡すると、今はその制度がなくなったとのこと。
代わりに、亡くなった義次兄の残した貯金と、喪主を務める義長兄(生活保護者)の貯金(ゼロです)を使い、通夜・葬儀はせず、葬儀屋さんの保冷安置室を使わせてもらい、出棺・火葬をして欲しいとのこと。
加えて、2人の残額で賄えない金額になった場合、他の兄弟から出してもらうこと、それでも足りなかったら市が協議するとのこと。そこまで厳しくなったのか、と思いました。
 
本人じゃないとダメなので、明日の市での話し合いは義長兄とダンナが葬儀屋さんと一緒に午後に行くことになりました。死亡診断書がないと火葬場の予約が取れませんから、まだいつ出棺・火葬が行われるかわかりません。22日(金)か23日(土)になりそうです。
 
後見人の仕事も終わりです。あとは被後見人が死亡した旨を、資料を添えて、大阪の裁判所と東京の法務局に提出するだけになりました。後見人になるまで、後見人になってからもいろいろ大変でしたが、いい経験ができました。ちょっとしんどかったけれど、勉強にもなりました。
 
いままで、義次兄にまつわる投稿をみて、応援していただいたみなさま、ありがとうございました。今後は義長兄の面倒を見ていかないといけません。また投稿するかもしれませんが、どうぞよろしくお願い申し上げます。