構造化コーディネート研究所(cc−labo)

代表である豊田美智子の個人的なブログです。事業所のURLはhttp://cc-labo.jp/です。

2016/11/30 リンデロン中止63日目・糖質制限153日目:「しばらく休んだらどう?」

今日は午前が慢性疲労症候群(筋痛性脳脊髄炎)の病院(精神科)、午後が仕事でした。午前10:20の予約でしたが、午後の仕事があるため、9:20に受付しました。その時点ですでに17人待ち、安定?の3時間待ちとなりました。
精神科Dr.と疲労感が強いことやむずむず脚症候群が酷くなるばかりだというお話をしていたところ、「しばらく休んだらどう?」とお声がけいただきました。仕事は楽しいし、食べていく糧になっているので、Dr.にお返事ができませんでした。
いま私は、相反する薬を飲んでいます。セロトニンを増やす薬(慢性疲労症候群の薬)とドーパミンを増やす薬(むずむず脚症候群の薬)です。セロトニンドーパミンの関係は、セロトニンドーパミンの働きを制御することで保たれます。物事への興味や関心を得るためのモチベーションは、ドーパミンが放出されることで得られる「快感」によって生み出されていると考えられています。
〜*〜
一方、ドーパミンによる快感だけを追い求めると、際限なく満足できない状態になります。そんなドーパミンの働きにブレーキをかけて、正常な精神状態、つまり平常心を保つ役割をするのがセロトニンです。
せっかくセロトニンドーパミンの働きにブレーキをかけてくれているのに、むずむず脚症候群の薬は、ドーパミンをより取り込もうとする働きの薬なのです。
そんな矛盾した薬を飲んでいるので、疲労感がどんどん酷くなってきています。そこで、「しばらく休んだらどう?」という話になってしまいました。
〜*〜
風邪の方は、熱は下がりましたが、新しい症状が出て来ました。鼻水とくしゃみ、咳です。特に鼻水がひどいです。
明日から2日間、ISO9001:2015の内部監査員の研修を受けてきます。内部監査員になるのは私には向いていないですが、ISO9001のことをもっと知りたくて(仕事上でも関係してくるので)、研修に行こうと思いました。
朝早くから夕方まで、研修室に入り浸りになります。あ〜、息苦しくなりそうだ。。