構造化コーディネート研究所(cc−labo)

代表である豊田美智子の個人的なブログです。事業所のURLはhttp://cc-labo.jp/です。

2016/11/25 リンデロン中止58日目・糖質制限148日目:「今日はいつもより調子がいいですね〜。」

夜に予定があったので整骨院に行けないから、午前中で空きがないか朝に整骨院に尋ねました。でも、空きがないという返事だったので、諦めていたところ、キャンセルが出たということで、治療してもらいに行きました。
院長にいつものように調子が良くないところを伝え、治療し始めてもらったところ、「今日はいつもより調子がいいですね〜」と院長がおっしゃいました。
だって、水曜日に前の院長の整体治療を受けて来たから、とは決して言えませんので、「そうですか〜」と答えてきました。院長曰く、今日は「いつもほど、頚椎7番はあまり腫れていませんね〜」とのことでした。頚椎7番は、前の院長に水曜日にしっかり治療してもらったからね。
〜*〜
昨日の病院2軒の通院の疲れか、股関節がとても痛く、治療をしてもらいました。けれど、治療をしてもらってもすっきりせず、夜になっても痛みは取れません。
正直に「まだ痛いです」と伝えたところ、「また徐々にほぐして行きましょう」とのこと。前の院長の時は、追加の治療をしてくださっていました。今の院長は、治療している人数が多いからか、そこまでしてくれません。
前の院長が辞めてすぐ、今の院長が赴任して来ましたが、当時いたスタッフがその1週間後に突然辞めてしまい、3ヶ月間、すべての患者さんを今の院長が治療しないといけなくなりました。
〜*〜
そのような過程を踏んでいるので、新しくスタッフが入った今も、今の院長が治療を続けている患者さんが多くいらっしゃいます。そのためか、今の院長の治療時間が前の院長の時よりも短くなっています。
ここの整骨院グループのスタッフ給与は、完全歩合制になっています。治療した人の自己負担額、保険負担額をきっちりと区分し、その何%かを受け取る仕組みです。他のスタッフの方はまだ受け持ちの患者さんが少ないので、長時間労働の割には給与が少ないだろうなと思っています。
私は今の院長の治療にこだわっていないのと、新しいスタッフの方の給与が少しでも上がった方がいいと思うので、新しいスタッフの方に変えてもらってもいいと言っているのですが、院長が私が診ますとおっしゃいます。
〜*〜
前の院長なら他のスタッフには診てもらおうとは思いませんでしたが、今の院長なら別にこだわりはありません。今の院長は、どうして私(私たち夫婦)の治療にこだわるのかな。韓国人特有のプライドかな(今の院長は韓国人です)?!