読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

構造化コーディネート研究所(cc−labo)

代表である豊田美智子の個人的なブログです。事業所のURLはhttp://cc-labo.jp/です。

2016/11/23 リンデロン中止56日目・糖質制限146日目:前の院長に整体をしてもらってきました。

ダンナの午後の仕事が急にキャンセルになり、昼前に時間ができました。そこで、いま行っている整骨院の、前の院長が新たに開業された整骨院に電話をかけ、祝日治療をしておられるかどうか聞きました。
ラッキーなことに今日は開けておられるとのこと。11時30分に予約をして行ってきました。2ヶ月ぶりの前の院長の施術、終わった後の身体のラクさが今の院長とは全く異なります。
かなり歪んでいますよ、とのこと。また、足首と足の裏も痛かったので診ていただくと、うまく動いていないとのことでした。今の院長にも同じことを訴えるのですが、前の院長ほど丁寧には診てもらえないし、診てもらっても治らないのです。
〜*〜
本当はもっと通いたいのですが、昨日書いたように自分1人では行けないことと、後一つ、医療保険の問題があります。整骨院は普通の病院のように、”ドクターショッピング”がほぼできないのです。
例えば整形外科なら、1ヶ月のうち複数の病院に行こうと問題ありません。それはドクターだからです。でも整骨院のセラピストさんはドクターじゃないので、1ヶ月の間に複数の整骨院で治療をすると、保険機関(私の場合は市役所)から私ないしは整骨院に”照会”が入ることがあるのです。
昔は整形外科が少なかったから整骨院がその役割を担っていたのに、今はそんなふうには思ってもらえません。保険機関によっては(例えば大企業の健保組合)、保険での整骨院の治療を禁止ないしは月2回など限定しているところがあります。ひどい話です。
〜*〜
整骨院の帰りに、市の防災センターの広場でダンナの車の運転をさせてもらいました。そして自宅までのおよそ10分間、公道を走ってきました。中型車の感覚が怖く、少し細い道になると、左サイドミラーを電柱にぶつけそうになったり、右に出て車線オーバーになったりしました。
私が中型車を運転できるようになれば(今まで軽四ばかり)、ダンナの帰りが早い時に、私1人で夜に前の院長の整体を受けに行くことができるんだけれどなあ。でも、夜の運転は目が見えないから怖いなあ。
あーあ、前の院長の治療で楽になった「頚椎7番」が、また痛み出してきました。でもその他はまだ楽です。結果が同じなら「イネイト活性療法」でも「整体」でもいいやと思っていたけれど、「整体」の方が私には向いているし、結果も出ます。転院できるならしたいです。。