読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

構造化コーディネート研究所(cc−labo)

代表である豊田美智子の個人的なブログです。事業所のURLはhttp://cc-labo.jp/です。

2016/11/3 リンデロン中止36日目・糖質制限126日目:ふざけるな、バカナンパ男!!

今日は2週間ぶりに体育館に行きました。身体が動かず、ほとんどストレッチをしておりました。バイクは30分ほどだけでしたので、バイクを漕ぎながらの読書はほとんどできませんでした。
バイク漕ぎをしている時に、バカナンパ男が私の前を通りました。そして、5mくらい離れた場所にいる男性スタッフに対し、大声で「おい、お前、ちょっと来い」と言いながら、手のひらを上にして人差し指を立てて、来いというポーズをしました。
男性スタッフは「はい」と言って、慌ててバカナンパ男がしているベンチプレスのところに走って行きました。
〜*〜
そしてしばらくすると、今度は女性スタッフに自分の水筒を持たせ、「俺の水筒、いいやろ〜」と自慢を始めました。その水筒は、中と外が分離できるタイプのものでした。そして、水筒の外側を外し、女性スタッフに渡し、「預かっておいて〜」と甘えたように言いました。
なに、この男女に対する態度の違い。ほんとバカです。さらに、今度は私に実害が加わることが起こりました。
ストレッチの時間5分前に案内放送があるのですが、ストレッチコーナーに行ってみると、バカナンパ男が私の定位置(一番後ろ)に自分の持ち物を広げ、自分はダンスパフォーマンス(頭を床につけ、腰を手で持ち、足をクルクル回すパフォーマンス)をしていました。
〜*〜
腹が立ったので、バカナンパ男に当たるか当たらないかの位置に、マットレスを敷いてやりました。それでも退かない。他の方はバカナンパ男に遠慮して、離れた前の方にマットレスを敷いておられます。
私は敷いたマットレスの上に座り、バカナンパ男をじっと見ていました。するとようやく気づいたのか、ストレッチが始まる時間ギリギリになって去って行きました。
こいつ、どこまでバカなんだ?! もう、いい年したおっさんじゃない。普段の生活で、誰にも相手にしてもらえないんだろうな。体育館が唯一の達成感を満たせるところなのかもしれません。
〜*〜
ここまでバカだと、おちょくってやりたくなります。実際にはやりませんが、おちょくったら面白いだろうな。ほんと迷惑な男です。