読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

構造化コーディネート研究所(cc−labo)

代表である豊田美智子の個人的なブログです。事業所のURLはhttp://cc-labo.jp/です。

2016/10/31 リンデロン中止33日目・糖質制限123日目:派遣会社はよほど登録スタッフが足りないのね。

およそ15年前に登録した派遣会社から、今日、電話がありました。「こちら、**社です。お仕事のご紹介です〜」から始まる電話です。こんな昔に登録していながら、未だに仕事紹介の電話が来るなんて、よほど派遣社員(登録スタッフ)が足らないのでしょうね。
私は15年前に、働いていた小規模なデザイン会社から、「あなたがいなくなったらウチの会社の財務体質が良くなるから」という社長の言葉でクビになりました。この言葉は今でも忘れられません。ちなみにこの社長は、いまは同じく診断士として働いています。
その時、ちょうど診断士の二次試験の勉強中でした。そんなさなか、突然、食い扶持を無くしてしまい、慌てて派遣会社4つぐらいに登録しました。その中の1つから、派遣会社にて登録スタッフにPC操作を教える派遣社員(PCインストラクター)、という仕事に就きました。
〜*〜
その後、診断士に合格し、しばらくしてから商工会議所への入所が決まったので、派遣会社でのPCインストラクターの仕事は辞めました。商工会議所で働き始めてからも、他の派遣会社から仕事の紹介の電話がかかってきます。正社員になった旨を伝えて、登録の解除をお願いしました。でもまだ登録が残っていた派遣会社があったようです。
今日、電話がかかってきた派遣会社には、自営しているというのは面倒だったので、病気療養中と答えました。では当分お仕事は無理ですね、と派遣会社の方はおっしゃっていました。
ひょっとしたら、また数年後に電話がかかって来るかもしれません。かかってきた時はよほど派遣スタッフが足りないのかどうか、私の年齢(28歳^^)でも派遣スタッフとしての需要があるのかどうかを見極めたいと思います。
〜*〜
本日、技術士試験の合否通知が届きました。必須科目は24点(12問)、問題2はA(60%以上)、問題3がC(40%未満)、問題2と3と合わせてB(60%未満40%以上)という判定となりました。問題2と3と合わせて60%以上が合格となります。両方Aは合格間違いなしですが、片方がBでも合わせて(総合で)合格となることがあります。
やはりノーマークのIoTの問題で、技術論文ではなく、社会学のような論文を書いてきたことがC判定につながりました。問題2(論文3つ)でA判定を取れていただけに、問題3を逃したのがもったいないです。
来年度は問題3の、「課題解決力」を示すための技術論文とは何かということをもう一度学びたく思っています。