構造化コーディネート研究所(cc−labo)

代表である豊田美智子の個人的なブログです。事業所のURLはhttp://cc-labo.jp/です。

2016/10/26 リンデロン中止28日目・糖質制限118日目:技術士の二次試験制度がまた厳しくなる・・・。

先日、技術士二次試験制度が、2年後(平成30年度)から変更になると知りました。まず、経営工学部門の科目数が減ります。「経営工学5選択科目を、1.生産・物流マネジメント、2.サービスマネジメントに」と書かれています。つまり、ロジスティック、数理・情報、金融工学科目がなくなります。
そして、必須科目の択一式問題がなくなります。すなわち、足切りがなくなります。その代わりに、必須科目も論文になります。試験の詳細は以下のようになります。
〜*〜
必須科目:「技術部門」全般にわたる専門知識、応用能力、問題解決能力及び課題遂行能力を問う。(記述式、600字詰用紙3枚以内、試験時間2時間、配点40点)
選択科目1:「選択科目」に関する専門知識及び応用能力を問う(記述式、600字詰用紙3枚以内、配点30点)
選択科目2:「選択科目」に関する問題解決能力及び課題遂行能力を問う(記述式、600字詰用紙3枚以内、配点30点)
※選択科目1.2合わせて試験時間3.5時間
〜*〜
つまり、5.5時間、論文を書き続けなければなりません。地獄のような試験(今ですら地獄のようなのに)になります。
ちなみに、現在の技術部門制度がなくなり、5つの領域に分かれるのはまだ先のようです。また、5つの領域に分かれるのは、第一次試験だけのようです。
今年の二次試験の発表を見なくても、もう落ちていることは確実なので、来年なんとかしないとますます地獄に落ちます。。
〜*〜
来年度の勉強方法はまだ見えていません。来年度は、東京にある受験機関に通うことにしています。経営工学を専門とした受験機関なので、私が選択するサービスマネジメント科目の受験仲間ができるかと思います。
選択科目の過去問の傾向は、IT関係か環境問題関係の2つです。環境問題関係は手が出ないので、IT関係を選択するしかありません。でもIT関係も得意ではないのですが・・・。
いまやっていることは、日経新聞から、IoT、AI、フィンテック、ブロックチェーン、自動運転などの記事を切り抜きしている程度です。論文を書く練習はまだしていません。もう一度、技術士とは何なのかというところから問わないといけないように思っています。
〜*〜
来年度、受からなかったらどうしようか。受かるまでがんばるか、あきらめるか。10年かかって合格した女性技術士もいらっしゃるので、私も10年がんばるか。。