構造化コーディネート研究所(cc−labo)

代表である豊田美智子の個人的なブログです。事業所のURLはhttp://cc-labo.jp/です。

2016/10/17 リンデロン中止19日目・糖質制限109日目:舐められるのは嫌だねえ。

別投稿しましたが、時折、「ちょっと現場見てくれへんかなあ」って声がかかります。もちろん、相手はお金を払うつもりなんてありません。多いのがNPOさん。「ちょっとのぞきに来てくださいよ〜」って言われる。
私は、自分のコンサル方法論の説明会の後、「会社見学会」という名前で無料見学会(交通費・宿泊費は出してもらいます)を行なっていますが、それはあくまでも契約するかどうかの判断をしてもらうためのもの。
お金を支払う余裕がないというのは建前で、自分(たち)のためにちょっとくらい協力してくれてもいいやんというのが本音。舐められるのは”あめちゃん”だけで十分。
〜*〜
昔は「ちょっとホームページ作ってくれないかなあ」という依頼が多かった。Webって簡単に作れると思っているんだよね。簡単であろうと難しいものであろうと、ちょっと〜して、は人を舐めている証拠。
ホームページを作って欲しいという人には、代替案としてブログの開設をお勧めした。ある花屋さんには、自分の作品(商品)を写真に撮って、ガラケーからブログにアップする方法だけ教えた。
本当はそれすら嫌だった。でも、とある人は昔の上司であったから、それだけ教えてあげた。Webを作るのは無償ではできないし、その前に、私には人様のWebを作る力がない。WordPressかホームページビルダーを使うかぐらいしかわからない。それもプログラムは全くダメ。
〜*〜
さっきの投稿にも書いたけれど、これが農業者なら「1つちょうだい」「1つぐらいええやん、こんなにあるんやから」ってなるんだろうね。その1つを作るまでに、どれだけの力がかかったのか、想像もできないんだろうね。
園芸関係の会社に勤めていた時は、捨てた花を取りに来る”おばちゃん”がいっぱいいた。その度にお断りするんだけれど、「まだ咲くのにもったいない」と言われる。
私も先輩の技術をいただくことがあるけれど、ちょっとぐらいいいやろ、とは思っていない。どのように使わせてもらうのか、どんな目的で教えて欲しいのか、どの程度まで技術をいただきたいのかなどを述べて、教えてもらっている。
〜*〜
ちょっとぐらい・・・と言い始めた人とは、人間関係を続けられないよね。そのために、縁が切れた方や団体もたくさんある。
でも、それが正解なんだと思っている。ちょっとぐらい・・・には引っかからないぞ。