読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

構造化コーディネート研究所(cc−labo)

代表である豊田美智子の個人的なブログです。事業所のURLはhttp://cc-labo.jp/です。

2016/10/16 リンデロン中止18日目・糖質制限108日目:”大阪のおばちゃん”にはなりたくない。その2

今朝は爆睡でした。飛脚さんが午後0時前ごろ(午前指定しても飛脚さんは大抵午後0時前ごろになる。黒猫さんは午前9時台に持ってきてくれる)に来られるまで、全く目が覚めませんでした。もし飛脚さんが来られなかったら、いつまで眠っていたのかわかりません。
しかし、寝起きは最悪でした。腰から膝にかけて、酷い痛みが走ります。また膠原病の再来か、リンデロンを飲んだ方がいいのか夜になっても悩んでいます。肩も痛み始めました。
悩みながら体育館に行ったのですが、やはり調子が悪く、ストレッチ20分とバイク25分で限界に達しました。私は体温が極端に低い時・高い時に調子が悪くなりやすい傾向にあります。今日のお昼は35.4℃しかなかったので、やはり体調が良くありませんでした。
〜*〜
痛みを気にしながら、体育館に向かっていた時のことです。信号が変わるのを待っていた私に、信号無視の”大阪のおばちゃん”が突っ込んできたのです。
体当たりは何とかかわせましたが、おばちゃんの自転車の前カゴに放り込んであった荷物が、急ブレーキの反動で落ちました。それを拾ってあげると、まるでひったくり犯人を見る目で私を見るのです。
自転車での信号無視と自転車の前カゴに放り込むだけのカバン、”大阪のおばちゃん”の典型的なパターンです。これで大阪にはひったくりが多い(全国でNo.1)と嘆いているのですから、何をか言わんやです。
〜*〜
私は自転車に乗った時は、荷物は必ずハンドルに引っ掛けておきます。そもそも自転車がまだふらふら運転なのであまり乗りませんが、たまに乗る時は徐行運転をします。信号無視はしません。
一番嫌なのは、子どもたちが信号を守っている時に、猛スピードで信号無視をしていく”大阪のおばちゃん”です。大人が子どもに手本を見せないといけないのに、これじゃあ、子どもに叱ることができません。
先日書いた”あめちゃん”と今日書いた”信号無視&前カゴ放り込み”は、”大阪のおばちゃん”の典型です。私は自分の母親(実家は大阪市内)には、”あめちゃん”は仕方ないけれど、”前カゴ放り込み”は危険だから、カゴにつけるネットを渡しました。今はそれを使っているようです。信号無視や猛スピードで走ることも辞めるように言っています。
〜*〜
大阪府がひったくりNo.1からの脱却をいくら啓蒙したって、”大阪のおばちゃん”のひったくり被害の貢献度は高いだろうから、ひったくりはなかなか減るわけない。
ひったくられるのは”大阪のおばちゃん”が悪いんだから仕方ないとして、せめて信号無視だけはやめませんか? 子どもが見ていますよ。今日の私のように体当たりして来られたら、怪我しかねません。
”大阪のおばちゃん”、自転車保険に入っているのかなあ。自転車に乗ることがほとんど無い私もまだ入っていないけれど、毎日のように乗っているおばちゃんは入っておいた方がいいよ。
〜*〜
・・・って、いうだけ無駄か。母親は入ったらしいからとりあえず安心です。”大阪のおばちゃん”が車の間から飛び出してくるのも日常茶飯事だから、自動車を運転するダンナもいい迷惑を被っています。ほんま、マナーを高めないと、事故もひったくりも減らんわ。
そういえば、先日お伺いした企業さんが、自転車通勤の”大阪のおばちゃん”に、月千円の「通勤手当」を出すようにされたとのこと。年間で1万2千円になります。それで、自転車保険に入ってもらうように指導しておられるとのこと。いい会社だなあ。
”大阪のおばちゃん”より、企業さんの方が意識が高いわ。ほんまに、自転車保険に入ろうね。大阪府では条例で自転車保険の加入が義務付けられているんだから。滅多に乗らない私も、加入しておかないとね。