読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

構造化コーディネート研究所(cc−labo)

代表である豊田美智子の個人的なブログです。事業所のURLはhttp://cc-labo.jp/です。

2016/10/15 リンデロン中止17日目・糖質制限107日目:そんなにイベントへ参加できないよ。

秋になり、義次兄がお世話になっているグループホームでは、様々なイベントが行われます。10月は5つイベントがあるそうで、例えばそのうちの1つは「さんまバーベキュー」など、グループホーム内(庭含む)で行われるイベントと、近隣にある特養と一緒に行われるイベントがあります。
そのイベントに私も参加してくださいと、管理者の方から誘われています。でも平日に行われるのがほとんどで、仕事や通院等と重なっていくことができません。
義長兄は、すべてのイベントに参加すると言っています。イベントは日祭祝に行われるもの以外は、義長兄に任せようと思っています。
〜*〜
先月9月末が、義次兄の66歳の誕生日でした。手作りのホールケーキで祝ってもらっているところの写真を、管理者の方が送ってくださいました。義次兄はおそらく生まれて初めて、ホールケーキを見たと思います。
誕生日に会いに行ければ良かったのですが、あいにく私は出張で大阪にいませんでした。ダンナも仕事だし、義長兄はあまり誕生日というものに関心がないから会いに行きませんでした。
まあ、誕生日はグループホームのメンバーの方々だけで祝っていただくのがいいのかもしれません。みなさん、そうされているしね。こちらのグループホームでは「○月の誕生会」ではなく、「利用者の誕生日」のその日に会を開いて祝ってくださいます。ありがたいことです。
〜*〜
私が今度、グループホームにおじゃまするのは、クリスマスか新年会かな。こちらのグループホームの法人は、他にもう1つグループホームを、そして高齢者賃貸住宅を1つ持っておられます。新年会は合同でするのかな? 単独でするのかな?
グループホームのスタッフのお一人に、元々、知的障害者の入所施設で働いておられ、定年で辞められてこちらのホームに来られた方がいらっしゃいます。なので、知的障害をもつ義次兄のことを、とても理解して下さっています。
認知症だけじゃなく知的障害も持っていると、例えばレクリエーションについていけない、今日着る服を自分で決められないなど、認知症だけの方とはやはり違うところが多々あります。
〜*〜
知的障害者は、認知症になる確率が障害を持っていない人よりも高いということが書かれた論文を見たことがあります。今のグループホームに、知的障害を持ち、生活保護も受けている義次兄が入居できて、本当に良かったと思っています。
障害を持つ方が共同生活するためのグループホーム(障害者総合支援法)、障害を持ちながら認知症になった方が共同生活をするためのグループホーム介護保険法)、そのどちらもが不足しています。
障害を持つ方が、安心して中高年期、そして老年期を迎えられるよう、障害を持つ方が入居できるグループホームが増えることを願うばかりです。