構造化コーディネート研究所(cc−labo)

代表である豊田美智子の個人的なブログです。事業所のURLはhttp://cc-labo.jp/です。

2016/10/12 リンデロン中止14日目・糖質制限104日目:Webで公開しておしまいと思わないで。

今日はドタキャンがあり、内勤の日となりました。そこで本日、新しいMac OS(Sierra)に対応した、セキュリティソフトESETのプログラムがアップされることになっていましたので、早速、一旦アンインストールして、プログラムをダウンロードして、再度インストールしようと思っていました。
でも、インストールしようと思っても、エラーばかり出ます。どうしようもなくて、サポートに電話しました。サポートから、再度電話かメールを下さるとのことでしたので、待っていました。
インストールできたら、ちょっと体育館に行ってこようかと思っていたのですが、待てど暮らせど連絡が来ない。そこで、午後3時30分頃、ESETのWebを見に行ったところ、インストーラーにエラーが発生したため、しばらくインストールを見合わせるとのこと。
〜*〜
それならそれで、電話なりメールなりくださいよ。こっちはインストールしようと思って待っているのに、Webで公表したら終わりですか。買い物にも行かないといけないし、結局、体育館には行けませんでした。
内勤仕事をこなせたとはいえ、もったいない1日となりました。おかげで、生姜蜂蜜入り紅茶(+レモン汁)を何杯も飲んでしまい、昨日届いたばかりの成城石井の「生姜蜂蜜漬」が残り半分を切ってしまいました。
自分で生姜蜂蜜漬けを作る日が、直ぐにやってきそうです。生姜買ってきておこう。あるいは、ジンジャースライスを蜂蜜の中に入れてもいいかもしれないなあ。
〜*〜
ジンジャースライスといえば、昨日、国産のものがないと嘆きました。けれど、教えていただいたお友達の本田さんから、山形県の「しらたかノラの会」(以下URL参照)というグループが、国産のジンジャースライスを販売していることを、再度、教えていただきました。
しかも、45g入り100円とお安い。Webではわかりませんでしたが、他にもいろいろ商品があり、マスコバド糖ジンジャーシロップや紅玉ジャム、そしてダンナ用に梅干しを購入したりしました。マスコバド糖とは、「マスコバド糖の原料となるサトウキビは、主に農地改革によって土地を手に入れたネグロス島の元砂糖労働者などによって栽培されています。マスコバド糖の民衆交易は、長年低賃金で働くしか術のなかった彼らの自立を支援するために始まりました。協同組合方式でサトウキビやコメ、野菜などをできるだけ有機的な方法で生産しようと取り組んでいます。」というものです。これを読んで、マスコバド糖ジンジャーシロップを買ってみようと思いました。
ただ、届くのが来週木曜日になるので、それまでは手作りの生姜蜂蜜漬を活用しようと思っています。
〜*〜
ほんまに、電話の一本でもちょうだいよ、ESETさん、つまりCanonさん。Web見に行かなかったら、まだ、ただ待ち続けていただけになっていたじゃないの。
顧客がどんな気持ちで待っているか、気がつかないのかなあ。お問い合わせフォームから、上記旨を伝えました。返答があるかないかわかりませんが、ひとこと言わせてもらいたくなりました。
私は従業員なしの個人事業主(フリーター?)だからまだいいものの、法人で何人もの従業員がいるところなら大変な話だよ。いくらMac自身にもセキュリティ対策がなされているからとはいえ、それだけじゃ脆弱だからセキュリティソフトをわざわざ購入してインストールしているのに、何かあったらどうするつもりなんだろう。
〜*〜
そもそも、Sierraにバージョンアップするなという連絡も、私にはありませんでした。これもWebで公表しているだけでした。Sierraにバージョンアップするまで、このことを知りませんでした。Macにバージョンアップのお知らせが来たからアップしたのに、7月にはもうSierraが発表されていたのに、いまになってもこの有り様に呆れてしまいます。
そんな訳で、昨日は国産生姜の件で、今日はESETの件でぼやいてしまいました。ぼやき虫になりそうです。
さて、体育館行きは諦めたから、ダンナが帰って来たら買い物に連れて行ってもらうとするか。生姜蜂蜜入り紅茶(+レモン汁)を飲みつづけているからか、今日も体温は36℃をキープしています。お腹が温かくていいねえ。