読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

構造化コーディネート研究所(cc−labo)

代表である豊田美智子の個人的なブログです。事業所のURLはhttp://cc-labo.jp/です。

2016/9/23 リンデロン2錠(1mg)継続期20日目・糖質制限85日目:「絶対に、車の運転はしないこと!!」

今日は慢性疲労症候群(筋痛性脳脊髄炎)を診てもらっている精神科の定期検診の日でした。私は半年近く前から、脚がむずむずする(脚の置き場所がなくなる、脚を常に動かしたくなる)ことに悩まされています。
朝のむずむず脚の症状は「薬剤性パーキンソン病」のために起こっています。これにはアタラックスというお薬が効いてくれます。だいたい、朝から午後3時くらいまで効いてくれます。
午後3時以降、夜9時頃までは「むずむず脚症候群」のために、まさにむずむずが起こっています。こちらはガバペンというお薬が効いてくれています。
〜*〜
でも、夜〜夜中のむずむずには、アタラックスもガバペンも効いてくれません。前回の通院時も相談したのですが、少し様子をみようとのことでした。
ところが、この話を膠原病・アレルギーを診てもらっている内科Dr.に話をしたところ、むずむず脚症候群の薬ってもう1種類あったぞ、何か忘れたけれど、とのことでした。
そこでググって調べてみると、ガバペン以外に、「ドパミンD2受容体系作動薬」という種類の薬が効くことが分かりました。
〜*〜
それを今日持参した資料に書いておいたところ、「レキップ(ロビニロール)」という抗パーキンソン剤を出してくださいました。お薬情報をみると、確かに少量で「むずむず脚症候群」に効くと書いてあります。
でも、この薬を処方してくださる際に、精神科のDr.が「絶対に、車の運転はしないこと!!」とおっしゃいました。睡魔が強い薬だそうです。私が飲むのは少量ですが、それでも要注意とのことでした。
うーん、運転できるようになるために、免許証更新用のメガネを作り、今度の日曜日に免許更新しに行き、普段使いのメガネで運転の練習をしようと思っていたのだけれど、それどころじゃなくなってしまいそうな気が・・・。
〜*〜
薬は明日、調剤薬局に取りに行きます。なので今晩は「レキップ(ロビニロール)」の効果を確かめられません。明日以降、むずむず脚に効いてくれれば、夜〜夜中が楽になるのになあ。。
あと、ストロイド増量の可能性があるので、食欲を抑える効果のあるレボトミンを処方してもらいました。でもその代わりに、向精神薬抗うつ剤は処方できる数に上限があるので、私の身体に良く合うルーラン(気持ちが安定する作用)とジェイゾロフト(元気が出る作用)が消されてしまいました。
1つの作用を選べば、他の作用が選べない。確かにかつて、向精神薬抗うつ剤を処方しすぎる医者がいたため、今のような制度になりました。けれど私は、私に必要な作用の薬は飲みたいのです。でも、願いはかないませんでした。残念だ。とりあえず、むずむず脚対策完全制覇に向けて、新しい薬を明日から服用してみようっと。