構造化コーディネート研究所(cc−labo)

代表である豊田美智子の個人的なブログです。事業所のURLはhttp://cc-labo.jp/です。

2016/9/3 リンデロンMAX0.75錠(0.375mg)継続期198日目・糖質制限65日目:大人になって初の○○○○を・・・。

睡眠に苦労している私は、いろいろと睡眠に関わる薬を試してきました。最初は王道の睡眠導入剤である「マイスリー」(一般名ゾルピデム)から始まりました。でも、短時間型のため私には弱すぎて、ちっとも眠くなりませんでした。
その後、使い始めたのが「ベルソムラ」です。オレキシン受容体拮抗薬という新しいカテゴリーの不眠症治療薬です。これはよく効いてくれたのですが、夢遊病が始まったので中止しました。
そして今は、こちらも王道の睡眠導入剤である「サイレース」(または「ロヒプノール」、一般名フルニトラゼパム)を使用しています。こちらは中間型の眠剤です。効いてくれるのはいいのですが、翌朝午前中まで薬が残り、眠くて仕方ありません。なので、午前中に仕事がない時に使っています(午前中は眠っています)。
〜*〜
「ベルソムラ」がまだ少し残っていたので、「サイレース」の代わりに飲んでみようと思い、昨晩飲んでみました。
そして朝になり、トイレへ行くと、なんと”おもらし”しているのがわかりました。大人になって初の”おもらし”です。下着や短パン(夏のパジャマ代わり)まで濡れている始末。。トイレに行くまで気がつきませんでした。傾眠しているからでしょう。
また夢遊病の症状だなと思いました。夜中にパンを食べても、朝になるまで分からない。夜中に運動しても、朝になるまで分からない。そして夜中に”おもらし”しても、朝になるまで分からない・・・。
〜*〜
もう、「ベルソムラ」の残薬は捨てることにしました。夢遊病になる自分が怖くなってきました。夢遊病と傾眠さえなければ、よく効いてくれるんだけれどなあ。
でも「サイレース」も、うまく朝で切れてくれない。以前に書きましたが、バスを乗り越し、終着駅についても目が覚めないくらい、強い傾眠があります。
やっぱり向精神薬の眠くなるという副作用を利用して、眠るのが一番マシかな。この方法も傾眠するけれど、「サイレース」や「ベルソムラ」ほど酷くはないしなあ。
〜*〜
夜12時に寝ても、3時に寝ても、朝起きられないという結果は一緒。それならまた夜型の生活に変えようか。