構造化コーディネート研究所(cc−labo)

代表である豊田美智子の個人的なブログです。事業所のURLはhttp://cc-labo.jp/です。

2016/8/29 リンデロンMAX0.75錠(0.375mg)継続期193日目・糖質制限60日目:大豆粉を使ってピザを作ってみました。

先日、食品の微粉砕を行う会社さんにお伺いしてきました。その際に、大豆粉を少しいただいて帰りました。この会社さんで大豆粉のパンを作ってみたけれどうまくいかなかったとのこと。ちなみに、大豆粉をペーストにしてうどん生地に練りこんだら美味しかったとのこと。
ネットで調べると大豆粉は水分を良く吸収するので、成型が難しく、大豆粉のメーカーによって水分吸収量が異なり、またホームベーカリーでも大豆粉パンがOKなものを選ばないと作れないとのことでした。
ウチにはホームベーカリーはないし、うどんを作ったりオーブンでパンを作るほどの粉をもらってきたわけではないので、小さなピザにしてみることにしました。低糖質の大豆粉に合わせたのは、低糖質な食べ物であるウインナーと刻みネギ、そして花畑牧場から取り寄せてみたモッツァレラチーズです。
〜*〜
大豆粉には少し臭みがあるので、まず軽く50gを10秒ほど炒りました。そしてお酢を少しだけ(5gほど)入れました。
あとは明治の「チューブでバター1/3」を20g足してこね始めました。けれど生地がポロポロにしかなりません。そこでお水をスプーン1杯入れたところ、急に生地が柔らかくなり、今度はべちゃついてなかなか丸めることができませんでした。
そのまま生地を取り出して、フライパンで焼き始めました。ピザソース代わりにケチャップを使い、ウインナーを乗せ、焼けてきた頃にチーズとネギをトッピング。大豆粉のピザが出来上がりました。
〜*〜
お酢のおかげか、臭みはありませんでした。小麦粉の生地のようにサクサク感はないけれど、ポロポロ感もなく、噛み応えがありました。ハードパンのような味で、チーズと良く合いました。あと20gぐらい粉が残っているから、天ぷらにしてみようかな。
ちなみに、ティファールのホームベーカリーでは、大豆粉パンができるものは、5万円を超えたものだけでした。さすがにそんなに高い買い物ができるほど余裕資金も置き場所も持っていない我が家では買うことができないけれど、試してみたいなあと思いました。
大豆粉と小麦ふすま粉を混ぜ合わせても、味に変化がありそう。今度はそれでピザを試してみようかな。どちらも低糖質だから、糖質セイゲニスト(糖質制限実践者)にはぴったりだな。
 

f:id:toyokosan:20160829144932j:plain