読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

構造化コーディネート研究所(cc−labo)

代表である豊田美智子の個人的なブログです。事業所のURLはhttp://cc-labo.jp/です。

2016/8/3 リンデロンMAX0.75錠(0.375mg)継続期167日目・糖質制限34日目:日本で唯一の綿実油。

今日は仕事で、ある製造業さんに出かけてきました。日本で唯一、綿実油(めんじつゆ)を作っておられる会社さんです。wikiにも登場している会社さんです。
主に業務用の綿実油を作っておられますが、近年、小売にも力をいれておられ、アンテナショップを会社の前にお作りになりました。そこで買い物をさせていただきました。
お買い上げ商品は、次の3つです。「一番搾り綿実油」、「各種フルーツドレッシング」、「かりんとう」&「オイルサーディン」です。
〜*〜
1つ目の「一番搾り綿実油」は、中身は同じですが、東京向けと大阪向けで容器包装が異なります。画像上の、手前に見えているのが大阪向け(庶民的)、奥のPCに見えているのが東京向け(ゴージャス感たっぷり)です。
東京では、高級食品スーパーの「紀ノ國屋」(関西でいうイカリスーパー)で売られているそうです。大阪で売られているものには、大阪府の農業政策に掲げられている”大阪産(もん)名品”のシールやラベルなどがつけられています。こちらの綿実油で、ナスとオクラの揚げ浸しを作ろうと思っています。綿実油を使うのは初めてなので、楽しみです。
2つ目の「各種フルーツドレッシング」は写真下の左から、「ふれっしゅオレンジドレッシング」、「柏原ぶどうドレッシング」、「いちごのドレッシング」です。柏原とは地名(こちらの会社がある市の名前)で、ぶどうが柏原市の名産品です。
〜*〜
3つ目は写真がありません。「かりんとう」&「オイルサーディン」は午後から出かけた大学院のゼミに持って行きました。「かりんとう」はこちらの会社の菜種油で揚げて作られたものです(なので製造者は別の会社になります)。「オイルサーディン」は綿実油を使われたものです(こちらも製造者は別の会社になります)。
かりんとう」はゼミのみんなで食べました。かりんとう独特の”固い”、”黒い”イメージのない、さっぱり、かつ軽い食感のかりんとうでした。「オイルサーディン」は、ゼミの先生(博士論文の指導教官)に差し上げました。差し上げたら指導が優しくなるかな?と思ったのですが、効果なしでした。(-_-)
食に関わるお仕事をされていることと住宅街に面していることから、掃除へのこだわりがとても強い会社さんでした。見習わないといけないなあ〜。

f:id:toyokosan:20160803191604j:plain

f:id:toyokosan:20160803191703j:plain