構造化コーディネート研究所(cc−labo)

代表である豊田美智子の個人的なブログです。事業所のURLはhttp://cc-labo.jp/です。

2016/8/1 リンデロンMAX0.75錠(0.375mg)継続期165日目・糖質制限32日目:スーパーいろいろ。

今日は義次兄の通院でした。病院へ着くなり機嫌が悪くなったのでヤバイと思っていたところ、すぐに名前が呼ばれ、診察室に入ることができました。病院に連れてくるのが大変だから、グループホームの往診医に薬を処方してもらうので紹介状を書いて欲しいとお願いしたところ、数日かかるとのこと。へ?、診断書ならともかく、紹介状も数日かかるのですか。面倒な病院ですねえ。
昨日、義長兄がグループホームへ行った時、義次兄が緊張して強張った顔をしていたとのこと。几帳面な(というかこだわりが強い)義長兄は、レクリエーション(昨日はカレンダー作り)の時に、義次兄がキッチリと曲がらず、紙を切ったり貼ったりできるように、指導していたようです。今日、ダンナと私が行った時はニコニコな顔をしていました。やはり兄には気を使い、弟には偉そう(?)なようです。
何かあってはダメなので、義長兄には(今日は通院があるのでグループホームに来ていなかった)グループホームの管理者の方がいらっしゃる時でないと行かないようにしてとダンナから伝えてもらいました。約束を守れるかどうかは分かりませんが、あまり頻繁には行かない方がいいような気がしています。
ーーー
診察が終わり、薬が出来上がるまで時間がかかります。先に義次兄をグループホームに送っていき、総合スーパーのL○FE(近畿と関東地方にしかありませんが)へ買い物に行きました。その後、グループホームに薬を届けに行く時に書い忘れたものを思い出し、グループホームの近くにある食品ディスカウントストアの業○スーパー(関西だけですね)へ行きました。
私は普段、業○スーパーへは行きません。接客の悪さと、安かろう悪かろうの商品(生鮮食品)を多々見受けること、顧客のマナーもあまり良くないからです。今日も案の定、レジの担当者は、商品を取り上げ、放り投げるようにカゴに入れていました。教育の差が出ますね。サッカー台(商品を袋に入れる場所)には、買い物を終えた後のカゴが散乱していました。顧客のマナーの悪さが目につきました。
ここのスーパーではありませんが、同じく食品ディスカウントストアであるスーパーサ○ディ(関西、関東、岡山だけですね)も同じような調子です。ここでは以前、私が通路を通った後に2ℓの水の陳列が崩れてきました。一歩間違ったら、私はその下敷きになっていました。他にも、床をモップで掃除中のスタッフと接触し、私が転倒したところ、スタッフに「邪魔なんですけど」と言われたこともあります。
〜*〜
ディスカウントストアは他店でも問題になっているように、スタッフが集まらない、集まっても教育しない、そんな接客でも満足できる顧客が集まる、注意する顧客がいない・・・そんな循環が起こっていますね。
私はほぼ寝たきりになる前、お酒のディスカウントストアのスタッフ研修をしていました。ガンガン出店するから、スタッフがどんどん入ってくる。でも離職率も高いから、またどんどん人を集める・・・同じ研修を何度したか分かりません。
でもこのお酒のディスカウントストアの社長が急死し、ほぼ同時に資金繰りに窮し、上述の業○スーパーに売却されてしまいました。私はベットの中で、新聞を読んでいた時に(当時はまだ購読していた)そのことを知りました。残念でなりませんでした。
ーーー
小売業の変遷はめまぐるしいですね。他業種でも同じことが言えますが、小売業の変遷は生活に身近なところで起こるので、あ、あそこがなくなった、あ、あそこが新しくできた等を目にします。これからの小売業はどうなっていくのでしょうね。。