toyodamichiko.jp

豊田美智子の個人的なブログです。

相変わらず、家父長制な実家。


 今晩、久しぶりに私の実家へ出かけました。ウチの実家は「家父長制」の強い家族です(ここでは家父長制の意味を、「家長である父が絶対的な家長権によって家族員を支配・統率する家族形態」として使用しています)。だから私は、あまり実家に近づきたくありません。

 今日も実家に到着してから、食事している時も食後もずっと、父の母に対する怒鳴り声が何度も響き渡っていました。私も父の言うことにクチを挟んだら、ワシの言う通りにしたらええんや、と叫んでおりました。私は父のこのセリフを聞くのがしんどいのです。加えて身体がしんどかったのもあり、食後すぐにうっすらと眠っておりました。

 私は「家父長制」なこの家族がイヤで、大学時代にお金を貯めて一人暮らしを始めました。そのころから今になっても、年に数回しか実家には行きません。替わりに、かつ私が食事を作れないので、とよダンナが週2回、私の実家で晩ごはんを食べてきてくれています。男同士だからか、とよダンナにはキツく当たりません。


 それでも退職後は、父の性格が少しは丸くなったように思います。でも相変わらず、私の仕事(サービス業)には理解を示しません。これは家父長制だからというより、製造業一筋で働いてきた団塊の世代の特徴なのかもしれません。なので、私も自分の仕事のことを深く説明しようとは思っていません。自分の現在の症状・体調についても然りです。

 でも、父母もいつか介護が必要な身体となるでしょう。私の弟はアテにならないし、弟の奥さんに介護を押し付けるのもイヤだし。だから、今から体制などを考えておかないと。。その前に、とよダンナの叔母さん(一人暮らし)もちょっと認知症っぽくなってきているので、そろそろ介護体制(後見人を含む)を作っていかないとね。それらを義長兄に伝えたけれど、いつもと同様、動く気配なし。

 私はあと、何人の家族・親族の看取りをすることになるのだろう。いろんな意味で、正直なところ、私が先に天国に行きたい気持ちが山々です。。


 おやすみなさい。やっぱりアンペック座薬の方が効き目があるわ。すぐに効果が切れるけれどね。