toyodamichiko.jp

豊田美智子の個人的なブログです。

レシピなし/常温で食べられるクッキーのようなもの


 今朝、PCの前で、ひたすら頭をだら〜んと垂らしたまま、4時間ほど眠っていた。時刻はAM5時30分。これはいかんなあと思い、ベッドに入ってもう一度寝ました。その間、見ていた夢が最初は訪看riverさんと訪看mountの相撲大会。

 次に、ベッドに入ってみた夢が、私の親戚がやっている居酒屋で、妖怪ヘルパーの大妖怪R子さんと昭和アニメヘルパーのお蝶夫人の相撲大会。勝った方が私と一緒に入浴介助をできるという大得点がついているからか、みんな全然やる気ナシ。

 結果、大会はモチベーション下がりっぱなしで試合にならず。胃ろうつきヌーディなんてそんな見られるもんじゃないよん。お蝶夫人だったかな、そのように伝えたら、「それだけもらったる」とのことでした。う〜ん。私の写真集の印税では食っていけないねえ。そんな時に夢から目覚めました。


 その後、1時間30分ぐらいで訪看さんの登場。ヘンテコな夢を見たのか、本当に気分が悪いのか、吐きまくり、下痢しまくりでした。相変わらず左上腹部は痛いし。。今日は入浴できるかな〜と心配しておりました。そういいつつ、浴槽のまたぎ方をいろいろ研究していましたが^^

 そして妖怪ヘルパーK子さん登場。ちょうどいいじゃないですか〜。サツマイモのふかしたものと前回お願いしたリンゴジャムを混ぜて、常温で保管・食べることができるクッキーをお願いしました。また同様に、小麦粉を少し入れて、マドレーヌも作ってくださいました。

 全てレシピなし。レシピなしでもおいしいものを作ってくださる妖怪K子ヘルパーさま、感謝いたしております。次は妖怪Tちゃんにレシピなしの思いつき料理を・・・。え?、ウチには行きたくなくなるって? そうだよね〜。ええ加減な利用者ですから^^



 ヘルパーさんへの吸引練習時間、みなさんとなかなか合いませんね。事業所ごとにウチで開催していくことにしましょうか>riverさん。