構造化コーディネート研究所(cc−labo)

代表である豊田美智子の個人的なブログです。事業所のURLはhttp://cc-labo.jp/です。

看取りの場を選ぶということ。


 今日の夕方、リハ病院(クリニック)の3FにあるグループホームがTVで放映され、その中で認知症かつ頚部リンパ節ガンを患っておられる入居中の男性とその妹さんが出演されていました。男性は離婚されており、ご家族はいらっしゃらず、認知症かつガンを患いながらの一人暮らしは無理だろうと(恐らく)妹さんが判断され、グループホームに入居されました。通常、グループホームというのは、基本的には認知症を患いながらも身の回りのことはご自分でできる方が対象となります。

 そのグループホームで、この男性入居者さんを看取って欲しいという希望が、リハDrに伝えられました。リハDrはTVで、こちらで看取られるのをご希望されているのなら、その思いをかなえてあげたいというのが皆の考えですとおっしゃっておられました。

 この方はターミナル期に入られ、その後、約3週間でお亡くなりになられました。妹さんが3週間ずっとグループホームに寝泊りして、この男性入居者さんに付き添っておられました。最期は妹さんとグループホームのスタッフの方々に看取られながら、この世を去っていかれました。


 この放送を見ていて、自分ならどこを看取りの場として選びたいだろうかと考えていました。最もイヤなのが病院の病室の中。でも息苦しくなってどうしようもない時は、病院に運んでと言うかもしれません。病院に来たということは延命を希望するということだ、とおっしゃるDrもいらっしゃいます。なので、事前指示書を提示した時は、延命を希望しなくても病院に来てもいいのかどうかを確認しました。

 では在宅のまま逝きたいか、これはYes/Noが半々です。家族をパニックに陥らせるのはイヤだし、このマンションで亡くなった初住民になるのもイヤだし、その他にも理由があります。グループホームで看取られるという選択肢をかなえてもらうためには、条件がいろいろとあるので難しいでしょう。でも医療と福祉が併設した場所で看取られるというのは、私にとっては一番幸せかも知れません。

 介護保険という制度は、65才を境にして、看取りの場所の選択肢すら変えてしまうという辛い制度だなと感じました。まあナンダカンダ言っても、変態の私は当面生きていられそうだから、その頃にはまた何らかの環境変化があるかもしれません。とりあえず、身体のあちこちが攣っている今の状態を何とかして〜。股関節・足首・足指、まとめて攣るな〜。