構造化コーディネート研究所(cc−labo)

代表である豊田美智子の個人的なブログです。事業所のURLはhttp://cc-labo.jp/です。

怖ろしや、筋生検。


 出かけてきました、本院へ。受付締切の12時3分「前」に到着しました。案の定、1時間30分ほど待ちました。途中で疲れがピークに達し、ソファーで横になってきました。


 私の場合、筋生検では最も痛いと言われている場所、太ももの筋肉(大腿四頭筋)から筋肉の一部を採取されるようです。特に女性の場合、奥深くに大腿四頭筋があるので、男性より痛いそうです。麻酔に弱い私ですが、皮膚の表面麻酔をせずに太ももの筋肉を採取するなんて残酷すぎてできないわと、本院の女性Drがおっしゃっておられました。なので、皮膚麻酔はしていただくことになりました。皮膚の表面麻酔をした後、筋肉に達するところまで切り込みを入れ、筋肉をジョッキーンと切り出すそうです。思わず、焼肉屋さんの骨付きカルビとハサミを思い出しました。ちなみに、筋生検の結果が分かるまでに約1ヶ月かかります。なので今回の入院のみでは、診断結果は分かりません。

 最も痛くないのは(それでも痛いけれど)上腕だそうです。でも、私が太もも(左足の方)になった理由は、左足からの発症であり、かつそこだけ筋電図でgiant spikeが出たからです。筋生検後の生体(検体)は、バイク便を使うか、本院Dr自らが車でH大まで運ぶそうです。それでも細胞が血液でまみれてしまう(=生体として使えない)可能性があるそうです。ひょっとしてそのH大から私の初診病院に病理診断を出されてしまうのですか?とお聞きしたところ、H大との直接やり取りしかしていないから大丈夫とのことです。運ばれた生体はスライスされ、顕微鏡等で検査されるとのことでした。

 また、大阪と東京では、病理診断内容の深さが異なるとのことでした。都立神経病院ならかなり多彩な面から調べてくれるけれど、東京まで生体は送れないし、東京で筋生検するのも大変だから、H大の病理診断の範囲で結果を見ているとのことでした。なので、入院先のDrの予定と、H大の病理Drの予定と、病院のベッド(車椅子が入れる病室)の空き状況と、私の予定が開いている日で、全てが一致する日が筋生検実施の日となりました。私は6月7日の週で、入院希望を出しています。


 他はリハDrからお聞きしていた通り、髄液(ルンバール)検査があります。これも地獄の痛さなのよねえ。まあ、筋生検に比べたら、ずいぶんマシでしょうけれど。それ以外は、頚椎・胸椎・腰椎のMRIと、脳のMRI、そして神経学的観察を時間をかけて行うとのことでした。脳のMRIは初体験です。猿の脳だから、どんな風に写るのやら?!



 さて、病院を出て、某私鉄でウチの最寄駅まで行こうと思いました。最寄駅にはホームと改札の間にEVがないので、駅員さんの介助が必要です。でも時間的に(夕方ラッシュ前)乗務員さんがあまりいらっしゃらない時間だから介助は無理かと思い、乗車駅の駅員さんに尋ねていただきました。案の定、介助できないと言われ、仕方なく少し手前のEVのある駅で降りました。乗車駅の駅員さんには、なぜ介助の人がついていないのですかと聞かれる始末。一人で出歩けるために、電動車椅子に乗っているんだっちゅーの(古いギャグだなあ:え?貧乳の私が使うべきでないギャグだって?!)。


 筋生検の話を読まれて卒倒された方、申し訳ございません。お好みであれば、ご見学OKです(うそ)。PEGもほとんど麻酔ナシで造設したのでかなりの痛みでしたが、今度はそれ以上の痛みを覚悟しておかないといけません。後でモルヒネぶち込んでくださいと本院のDrにお願いしておきました。

 ちなみに、ALSを発症すると現れる(現れやすい)抗体があるとのこと。その抗体でALSかどうか診断していただくことも可能なのですが、健康保険が使えず、自費で100万円するそうです。100万円出してALSをプレゼントされるぐらいだったら、100万円で甘くておいしいサツマイモをいっぱい買うわ(貧乏人だなあ)。

 というわけで、本日の診察結果でした。本院でかなりあちこち、電動車椅子をぶつけてきました。申し訳ございませんでした。ハカイダーとよこ。