構造化コーディネート研究所(cc−labo)

代表である豊田美智子の個人的なブログです。事業所のURLはhttp://cc-labo.jp/です。

睡眠時の身体の温度調整が難しいです。


 今日はリハ以外のケアの日。日中の身体の痛みは、パキシルデパス、そしてワイパックスを飲んで若干治まってくれました。訪看のriverさんの入浴介助を受けている間、ヘルパーのTchiさんがサツマイモとリンゴのサラダを作ってくださいました。ドレッシングは1つはヨーグルトのみ、もう1つはヨーグルトとマヨネーズを混ぜていただきました。マヨネーズの味が強すぎると食べにくいのですが、ヨーグルトだけよりも少しマヨネーズが入っている方がおいしかったです。Tchiさん、ありがとうございます。


 今朝は冷え込んだのか、朝6時前に強烈な寒さと振えで目が覚めました。一度はずした電気毛布をまた敷いて、温度を上げて身体を温めました。これまでの寝汗はBiPAPの加湿器の温度が高かったからかと思い、昨晩は一番低い温度にしてみたのですが、逆に身体が冷えてしまい、そのため風邪を引いたのかもしれません。今日は終日、鼻水ズルズルでしたから。

 訪看さんとの入浴を終えた私は、ベッドにてriverさんにメニエールの薬とエレンタールを注入いただき、うとうとし始めていました。その後、お二人がお帰りになってから本格的に眠ってしまいました。目覚めたらやっぱり寝汗をかいている。BiPAPをつけずに眠っても、寝汗をかくんだね。夕食後、今度はBiPAPをつけながらまた少し眠ってしまった時に、2番目の加湿だとやっぱり電気毛布が必要と分かったので、今夜は3番目の加湿に上げ、電気毛布ナシで眠ってみることにします。

 電気毛布は身体全体が暖まるけれど、自分で体温調節ができなくなるから、冬以外はあまり使いたくないですねえ。かといって掛布団を重ねると、重くて身体が耐えられないしなあ。試行錯誤しながら、春の布団&BiPAP調整をして行きます。


 寒暖差の激しい今年の春は、特に温度調整が難しいですね。身体の条件が毎年変わっていくだろうから、今年の作戦が来年も通用するとは限らないしなあ。酸素カプセルにでも入って眠って見たいもんです。酸素カプセル、買おうかな^^(うそ)