構造化コーディネート研究所(cc−labo)

代表である豊田美智子の個人的なブログです。事業所のURLはhttp://cc-labo.jp/です。

寒暖差にやられました。


 今朝6時前に目覚め、昨日分のブログをアップしました。その後、身体中のこわばりが強くなり、もう一度ベッドに入りました。脚が攣り始めるわ、身体は痛いわで、リハの送迎に間に合う時間に起き出すことができなくなりました。送迎のご連絡を下さった運転手さんに、10時半頃にずらして欲しい旨と、リハのセラピストさんにもそのようにご連絡していただきたい旨を伝えました。その後、ベッドの電気毛布の電源を入れ、必死に身体を温めました。

 今朝の寒暖差が、体調変化の原因でしょう。今朝の冷え込みはキツかったです。呼吸筋も苦しくなってくるし、声も出にくいし、どないなってんねんって自分の身体にツッコミを入れたくなりました。でも徐々に暖かくなってきてくれたので、10時頃に起き出し、送迎の車に乗せていただいて、リハへ行くことが出来ました。今日も呼吸筋があっちこっち向いて踊っていました。なんかした?と青鬼セラピストさんからご質問を受け、ちょっと無理したかな、いや、普通かな、と答えました。どんな内容か答えたら殴られ(どつかれ)そうなので、後でブログをご覧下さいとお伝えしました^^

 呼吸リハを青鬼セラピストさんにお願いした後、四肢と背中〜お尻のリハを小悪魔セラピストさんがしてくださいました。すみません、身体が攣りまくりで・・・。あっちをほぐせばこっちが攣るという状態の身体なので、もう見たくない〜〜と、一度マッサージしていただいた部分をしっかりと?毛布で覆っておられました^^ それでも攣ってしまうから、毛布の中で足の指が攣った〜とゴソゴソ動かしたりしておりました。ごめんなさーい、小悪魔セラピストさん。



 話は変わって、木曜日にレスピロさんにお越しいただき、新しく発売された(JOJOさんがお使いになっている)「トリロジー100」についてお聞きしました。アメリカとヨーロッパで1年前から先行発売され、人気が高かったとのこと。そこで日本でも使用することになったけれど、まだ台数が少ないことと、BiPAPから変更の場合は、トリロジー100は物足りなく感じてしまうそうです。内部構造の違いによるものだそうです。また、アメリカ&ヨーロッパと、日本の気候は大きく異なるので、多湿な日本でどれだけこの機種が耐えられるかは未知数とのこと。けれど、24時間BiPAPへ移行することになった場合、トリロジー100への変更をオススメしますとのことでした。

 バッテリーもあり、持ち運びも可能だけれど、5kg(+加湿器)の重さだから、結構しんどいかもね。。私はまだ24時間BiPAPが必要にはなっていないので、来週の月曜日に、トリロジー100ではなくシンクロニー2へ変更していただくことにしました。また遮音対策が必要ですねえ。ちなみにトリロジー100とBiPAPシンクロニー2のURLは以下となります。
 http://www.philips-respironics.jp/product/home/trilogy/index.html(トリロジー100)
 http://www.philips-respironics.jp/product/home/bipapsynchrony2/index.html(BiPAP シンクロニー2)

 シンクロニーに残っている私のデータを分析していただいた結果、夜間の呼吸量が落ちている(あるいはクチから漏れている)そうで、次回、リハDrの診察時に、一緒に設定変更をしていただくことになりました。もう少し圧をあげていただくことになるそうです。喘息患者は、息を吐くのがとてもしんどいのです。だから、吐ききれなかった息はクチから出しています。これが漏れの原因でしょうね。



 明日も寒暖差が激しいとのこと。明日はイベント視察の仕事があります。暖かくなってから出発しようっと。とよダンナ、また付き合わせてごめんね。明日はスーパーでイチゴを買うからね^^