構造化コーディネート研究所(cc−labo)

代表である豊田美智子の個人的なブログです。事業所のURLはhttp://cc-labo.jp/です。

「自由指定席」・・・そんなん、ありか?!


 暖かい南紀の春は早いですね。今日の特急くろしおは、ミカン運搬車から桜展望車に変わっていました。とはいえ、私は行きの電車で爆睡してしまい、あやうく降車駅で降り忘れるところでした。行きは自由席では座れないことが多いので指定席を取りますが、帰りの電車は自由席で帰ってきています。今日の帰りも電車が入ってくるところを外から眺めていて、空いてるわ、よかったと思っていました。

 でも車内へ入ってみると、自由席のそこらじゅうに、スーツの上着とかカバンとか新聞とか、いろいろ置いてあります。ん?みんなどこかへ行った?と思いつつ、何とかモノが置いていない席を確保できました。発車したけれど、モノが置いてある席は埋まる気配はない。その付近には4人程の同僚の方々が仕事の話をされておられます。そして次の駅、また次の駅で同じ会社の方々が乗り込んでこられ、モノの置いてある席に「ありがとさん」といって座っていかれる。

 あんたら、企んどるんやな。結局、同じ会社の方々、合計20人程が自由席に座られました。自由に指定していい席、略して「自由指定席」・・・そんなん、ありか?! 2つ目の駅ではすでに混んでいて、座れない方もいらっしゃいましたよ。旅費を浮かすにはいい方法だろうけれど、並んでいる私達にとって、後の駅から乗り込んでこられるために座れなくなる可能性があるだなんて、大迷惑な話です。


 そんなことを思いつつ、特急くろしおの縦揺れ・横揺れで首をぐるんぐるん振り回され、そうでなくても90度振り向くことができなくなりつつある首が、悲鳴を上げています。今も下を向きつつ、指の感覚を頼りに文字入力しています(誤字が多くなったなあ。新しいPCだから、学習していないしなあ)。

 帰宅前に、とよダンナと一緒にスーパーへ行き、スーパー備え付けの車椅子を借りて買い物をしました。でも私は首を後ろに回せないから、とよダンナと会話ができない。前向きのままで声を出しても、とよダンナには聞こえない。私も大きな声がでない。加えて、とよダンナの慣れない車椅子介助で、私はまたまた酔わせていただきました。乗り物酔いのダブルパンチです。気分が悪くて、帰宅後、爆睡してしまいました。

 そうそう、杖をどこかで置き忘れてきてしまったようです。ここ数日、雨の日のお出かけが続き、傘と杖を両方持ち歩いていました。傘を持った私の右手は、それを杖と思い込んでしまったのでしょうね、杖がなくても気がつかなかったようです。傘を杖代わりにしていましたから。。探したけれど見つからない。愛着のあった杖なんだけれどなあ。仕方がないから、また1本、購入しましょうか(−−)