構造化コーディネート研究所(cc−labo)

代表である豊田美智子の個人的なブログです。事業所のURLはhttp://cc-labo.jp/です。

BiPAP、音がうるさくて使えませ〜ん。


 昨夜、私が寝る時間だからもう夜中ですが、BiPAPを始めて使ってみました。とよダンナに蒸留水を買ってきてもらいスチームをセットしました。マスクの着脱はしやすかったので、後は私の呼吸に合うかどうかだなあ〜と思いながらスイッチオン。ここまでは良かったけれど、音がデカイ。やっぱり病院で聞く音とは違うわ、と思わされました。毛布等で包んでみましたが、まだ音は収まりません。今はレスピロさんからお借りしている(頂いた?)バッグの中に入れています。また、福祉用具の業者さんに教えていただき、東急ハンズで販売されている吸音マットをネットで購入してみました。これを用いて対策を考えようと思います。スイッチが隠れて困らないようにしないといけませんね。

 BiPAPの音がうるさくて夜中に目が覚めたとよダンナとケンカ。そして今朝も起きぬけから、パジャマ(スウェット)を着たままのとよダンナとケンカ。今は私のベッドが置いてある部屋に布団を敷いて眠っているとよダンナですが、今後もそうするか、別の部屋で寝るか、とりあえず当面は廊下で寝るかなどなど、超不機嫌の中、話をしていました。私は私で、BiPAPはできなかったわ、喘息発作は出るわで、昨晩も眠れなかったので、朝から疲れ切っています。そんなタイミングの中、訪看のriverさんがお越し下さり、険悪ムードのとよ家をなだめてくださいました。お世話をおかけしました。

 少ししてから、福祉用具の業者さんが水道工事業者さんを連れてお越し下さいました。見て帰るだけとお聞きしていたのが、台所と洗面所のシンクの下の物を動かして水道の状態を調べるということになり、おまけに後で片付けて下さるのはいいのですが、ぐちゃぐちゃ状態で突っ込んで下さいました。ウチも洗面所のシンクの下を掃除していなかったので、とよダンナに簡単に掃除してもらってから物を出してもらいました。午前中、出かける予定にしていたとよダンナの機嫌はますます悪化。その横で、riverさんのマッサージを受けている私。ごめんよ、とよダンナ。


 午後から、アレルギー内科の病院へ、とよダンナと向かいました。デュロテップパッチの講習はネットで30分の講習らしい。アレルギー内科のDrがたぶん私の痛みは線維筋痛症が含まれていると思うわということで、次回の診察までに講習を受けておいてくださり、次回に処方してもらえることになりました。うれしいですが、すぐに忘れてしまわれるDrですので、本当にデュロテップパッチを手にするまでは安心はできません^^ 今日も処方箋の間違いがあったしなあ(メプチンのエアゾールは私の指では押せないって何度も言ってるでしょ〜。私はアルコールがダメって何度も言ってるでしょ〜等々)。やっぱり臨床より、研究好きのDrです。

 引き続き市役所へ。義長兄世帯の生活保護廃止届をもらい、健康保険を復活させ、義次兄の障害者医療症を発行してもらいました。ついでに義次兄の特別障害者手当の診断書をもらおうと思ったら、知的障害(A)<身体でいえば1級に相当>でも、内部では重度と最重度に分けられているそうで、Aの最重度でないと特別障害者手当の申請はできないとのこと。義次兄はAの重度の方だったので、手当の申請はあきらめないといけません。残念。

 そして最後に義長兄のウチへ。義母の葬儀以来、義長兄のウチへ行くのは私は初めてです。義次兄は落ち着いており、時折、義母の遺影に話しかけていました。夕食は、義次兄がハヤシライスなどを作ってくれているそうです(そりゃ知的障害Aの最重度にはならないなあ)。


 朝のケンカから始まり、終日動き回っていたので、とよダンナも私もすっかり疲れてしまいました。車椅子じゃなければ、市役所のフロア移動がもっと早いんだけれどなあ。どうしてもEVを使わないといけないので、時間がかかるのは仕方ないですね。

 明日も朝にriverさんがお越しくださいます。また朝からとよ家にケンカが勃発していたら、テキトーになだめてやって下さいませ。

 Tchiさん、昨日作っていただいたゼリー、うまく固まっていましたよ^^ おいしくいただいています〜。また木曜日もゼリー作り、よろしくお願いいたします。他のゼリーメニューも考えてみます。



(グチのおまけ)
 アレルギー内科のDrは感染症、中でも結核がご専門です(その割には今日は風邪でしんどそうだったけれど)。先月の診察時にとよダンナと一緒に、義母が結核になったけれどこちらの病院は断られて、旧国立の方の結核病棟に転院しましたと話をしました。そして今日、こちらのDrに義母がたった1ヵ月で結核が原因で亡くなりましたと伝えたところ、「1ヵ月で死ぬ人ようさん(=たくさんの大阪弁)いるよ。1週間で死ぬ人もいるし」とのお答え。とよダンナ、自分の目の前で死ぬ死ぬと言われてちょっとショックを受けていました。センセー、義母の子供がいる前で、1ヵ月で「死ぬ」とカンタンに言わないで下さいな。。せめて「亡くなる」と言っておくれやす。