構造化コーディネート研究所(cc−labo)

代表である豊田美智子の個人的なブログです。事業所のURLはhttp://cc-labo.jp/です。

天使にみえた赤鬼訪看riverさん♪


 今日はお待ちかねの赤鬼訪看riverさんのマッサージの日でした。日曜日から昨日までの疲れが脚に溜まり、お尻も脚もガチガチでした。いつも通り、脚ふみふみマッサージで疲れを取ってくださいました。涙が出るほど痛い口腔マッサージもしていただきました。

 加えて今日は、赤鬼訪看さんが天使に変わる瞬間を拝見できました。ウチにお越しに来られた時に、今日はピクニック用のかごを持参されている。それを見てriverさんの昼ごはんかな?!とか思ってしまった私ですが、その中にはフットケアの魔法の7つ道具が入っていました。

 riverさんはフットケアの資格をお持ちです。そして私の両足の親指と小指のフットケアをしてくださいました。私の親指は以下のように(お借りした写真のように)、見事に変化しました。
     
  (http://foot-progress.com/makitsume.html より写真をお借りしました。)

 左がいつもの私の足の親指の爪と同じような状態、右が今日のフットケアできれいにしていただいたのと同じような状態です。いつも爪が少し伸びてきたらすぐに痛みが出てきて、そして出血していた親指が、今日はちゃんと力を入れることができました。小指の爪は上に巻いている状態だったので、きれいに切ってくださいました。初めて自分の小指の爪の大きさを知ったような気がします。


 高齢者の方が爪のトラブルのために廃用性症候群になり歩けなくなってしまうケースがあることなどを考えると、足の爪って歩き続けるためには大切なケアだなと思いました。とよダンナの足の爪だったら、ケアをしてもらうのに何時間かかるだろう。でもいつも脚が痛いと言っているとよダンナ、爪をきれいにしたらもっと歩きやすくなるような気がします。フットケアサロンに連れていくか、riverさんにアルバイト?!していただこうかな^^

 フットケアをしていただいている時の赤鬼訪看riverが、天使の訪看に見えました。え、いつもそんなに恐いのかって?!、恐いも何もありません。私はひたすらケア奴隷となっております・・・というのは全くのウソです。痛くも優しい(どんな表現や)、素敵な訪看riverさん、そしてmountさんです。

 明日は青鬼セラピストさんからの刑罰?!の後に、訪看riverさんとヘルパーTkaさんがいらしてくださいます。ヘルパーのTkaさんもTchiさんも妖怪ヘルパーのみなさんも、直向きかつ優しい方々です。明日から通常のケアが始まります。亡き義母のことでまだいろいろ残務が残っていますが、私のケアもぼちぼち日常に戻していきます。そして、確定申告作業に突入だー。