構造化コーディネート研究所(cc−labo)

代表である豊田美智子の個人的なブログです。事業所のURLはhttp://cc-labo.jp/です。

久しぶりにゆっくりしたリハを受けることができました。


 今日はリハでした。私の次の方がかなり遅れるとのことだったので、ゆっくりペースでリハをお願いできました。最近、スピード感のあるリハに、身体がついていくことができません。今週から新しい患者さんが2〜3名(kohakuさんもこの中のお一人ですよん)増え、現存の患者さんが減っていないので、リハはますます混み合っています。そのため、リハのスピード(ないしはピッチ)が上がり、私の身体が悲鳴を上げています。リハで痛みやこわばりなどはラクになるのだけれど、身体がこのスピードについていけず、しんどいよ〜と身体が声を出しています。

 今日は内臓リハを中心にお願いしました。子宮周りをマッサージしていただいたところ、飛び上がりそうになるぐらい痛い。経血がたまってるんでしょうね。今月はそれを出すことができなかったから、子宮もしんどい思いをしていたのでしょう。鍼にも最近は出かけていないから、その反動も重なったのかもしれません。今月はほんとしんどい1ヶ月間でした。


 リハDr、今日はお休みのはずなのに、予防接種で診察がいっぱいになるので、応援で出てこられていました。休む間のないDrなのに、さらに休みを削っておられ、お疲れのことでしょう。と思いつつ、早速、昨日の初診病院での結果をご報告に行きました。ミオナール効かへんで〜とおっしゃっておられました。まあ一度、飲んでみることにします。効くか効かないかも大事だけど、私の場合、呼吸器への影響が出るかどうかを知っておきたいので。ミオナールでもアスピリン喘息のような状態になれば、筋弛緩剤は全滅、ということになるでしょう。

 また、初診病院で「オピオイド、プリーズ」が叶わなければ、繊維筋痛症も診ているとHPに書かれている病院に出かけてみるようかと思っていること(電車の乗り継ぎがないし、電動車椅子で出かけることができるところなので。ウチの最寄駅である階段しかない駅の対処さえうまくいけばですが)、あと、耳鼻科受診に加えレスパイト入院のことについて呼吸器内科のDrにお伺いするために、また別の、バリアフリーな病院にも出かけてみることにしようかと考えていると伝えてきました。いずれも来月(11月)後半になりそうですが。


 今月はしんどかったなあ。仕事が進んでいないなあ。明日からの1週間、恐ろしいスピードで、恐ろしく溜めこんだ仕事をしないといけません。報告書類以外は、コンペに向けた企画書作成や企業の財務分析などいずれもややこしい仕事なので、かなり手間暇かかりそうな気配です。来月は今月よりもパワーが出ますように。今月はPEGと経口摂取により「食べること」でパワーをもらおうと思ったのに、パワーはもらえず、贅肉2kgをお腹周りと顔周りにいただきました。お腹がボンレスハムになった気分です。太るのもストレスの1つなんだよおー。