構造化コーディネート研究所(cc−labo)

代表である豊田美智子の個人的なブログです。事業所のURLはhttp://cc-labo.jp/です。

果物と野菜の絞り汁ミックスならいけるのかも?!


 nagomiさんに、リンゴ(私の場合は青いリンゴのみ)とニンジンの絞り汁とゼラチンで作ったゼリーを、先日から何度かいただいています。今日もいただいたのですが、果物がダメになって初めてのゼリー。胃は大丈夫かな?と心配しつつ、いただきました。結果、胃痙攣は起きませんでした。

 このゼリーはリンゴ:ニンジン=1:1/4の割合で、いずれもすりおろして絞り汁だけを活用したものです。甘味料等は一切入っていません。柔らかめに作ってくださっており、とてもおいしいゼリーです。

 果汁にももちろん糖分が含まれますが、今、市場に出回っている果物は果肉に糖分をたくさんもたせたものが多いので、ほんの少しの果汁なら私の胃も大丈夫なのかもしれません。また、絞り汁なので、いろんな酵素も混じっており、それらが糖分の分解を助けてくれているのかもしれません。

 加えて、ニンジンが少し入っていることで、何らかの変化があるのかも知れません。野菜ジュース(野菜生活100)が飲める私なので、野菜と果物のミックスなら飲んだり食べたりできる可能性があるのかも知れません。


 このゼリーをウチで作って、また食べてみよう。胃が痛くならなかったら、冷たくて喉ごしのよいデザートになります。とろみ剤をいれると、ヨーグルトのソースにもなるかもしれません。と、自分で作るように見せかけて、またヘルパーさんの仕事を増やしてしまうとよ猿でした(^^)



(追伸)Saeko先生、学会出張お疲れさまでした。講演の件、ありがとうございました。またお話を聞かせていただけるのを楽しみにしております。