構造化コーディネート研究所(cc−labo)

代表である豊田美智子の個人的なブログです。事業所のURLはhttp://cc-labo.jp/です。

環境ファシズム到来か?!


 私は薬を飲む時に、ティッシュの上に薬を出し(指が動かしにくいので薬を押し出すのも一苦労するようになってきたなあ)、飲み終えてから薬の抜け殻?をティッシュに包んで捨てていました。けれどそれがこの10月1日からできなくなりました。私の住んでいる市のゴミ分別に、「容器包装プラスチック」が新たに加わったからです。薬の抜け殻は、この「容器包装プラスチック」に捨て、薬用に敷いていたティッシュは、今まで通り「可燃ごみ」に捨てないといけなくなりました。

 分別好き?のとよダンナは、台所にいろいろ袋を出して、分別しています。その袋を毎回軽く括るから、私が捨てる時は括ってある部分をはずさないといけません。それができない指なので、私は台所のシンクにずら〜っとゴミを並べています(^^) それをとよダンナが捨てて行ってくれています。ありがとうです。

 あと、「ペットボトル」も分別に加わりました。粗大ゴミなどを入れると、合計8種類です。たまりまへん。何だか市というか国というか、どこからか環境ファシズムが押し寄せてきたような気がしないでもないです。ちなみに私は、経済学者のいう環境問題の解説はどうも好きになれず、科学者の解説の方が好きです(というか、納得がいきます)。


 ど〜でもいいけど、ややこしいっちゅうねん。狭い台所が、分別ごみ袋であふれかえっていきます。分別用ごみ箱も見に行ったけれど、大きいしね。よく使うもの以外はベランダへ出しといて〜と、とよダンナにお願いしました。ビニールで滑ってコケそうですから。ALS患者、ごみ袋で滑って転倒、なんて記事が新聞に載ったら笑いものだ〜(載るわけないってば)。