構造化コーディネート研究所(cc−labo)

代表である豊田美智子の個人的なブログです。事業所のURLはhttp://cc-labo.jp/です。

お尻が泣いています。


 今日の講習会仕事の会場へ向かう特急は、行きの指定席が取れず、倍以上の価格のするグリーン車で出かけました。倍以上の価格を取る理由は、あの座席でしょう。快適でした。横幅は私の車椅子よりも広く、脚を伸ばしても前の座席に届かないぐらい広い。あの座席なら、エコノミー症候群にはならないでしょうね。頭のところには低いめの枕がついており、ちょうど首が疲れない程度の高さになっています。照明も落ち着いた色でした。帰りはガラガラだから、いつも通りのガチガチ座席である指定席を取りました。行きのあの座席の気持ち良さはなんだったの?って、お尻が泣いていました(--)


 話は変わりますが、本日9/26でまた1つ歳を取りました。メールやコメントを頂いた方、ありがとうございます。今日は帰りの電車がかなり遅れていたため、帰宅するのがすっかり遅くなり、メールのお返事ができないでおります。申し訳ございません。ALSと共に歩んできたこの1年、自分のことだけでなく義母の介護も重なり、新しい人々とたくさん出会うことができ、また何名かの方とは異動などでお別れをすることになりました。加えて、医療や福祉等に関する制度を学ぶ機会が多くありました。

 これからの新しい1年はプータロー人生を歩むような気もしないではないですが、また新たな出会いや学びの機会がやってくることを楽しみにしています。自分の身体がどうなっていくかはさっぱり分かりませんが、その時なりの楽しみ方を生み出して行きたいと思います。

 とよダンナが、仕事の途中で某百貨店に寄ってくれて、私の好きな栗おこわと、CDを1枚買ってきてくれました。私がケーキを食べられないので、一緒に誕生日ケーキを楽しむことはできませんが、栗おこわの栗を分け分けしました。お互い、まだまだ子どもですねえ(^^) いろんな事情が重なり、当面は引っ越しができなくなりました。また1年、このウチ、このマンションで、バリアと共にぼちぼち暮らすことにしましょう。新たな1年、みなさまの応援をどうぞよろしくお願い申し上げます。




(おまけ)大王の手術が無事終了されたとのこと。良かったです。無事カエルくんもとよガエルもお役に立てたようです。想定以上に手術時間がかかったり、Drから聞いておられたことと、現実のカトーさんの姿と手術の体験、そのギャップをペロさんはなかなか受け入れ難かったご様子です。でも直ぐに新たなことにチャレンジしていかれるその魂、本当に尊敬いたします。詳しくはカトーさんのブログをご覧下さい。カトー大王、本当にお疲れさまでした。


(追伸)レスピロさん、早速のご連絡をありがとうございました。数は少ないけれど、BiPAPをリハビリに使うことがあるのですね。最初はリハビリ目的で導入し、その後、徐々に換気目的に移っていければスムーズな導入ができないかな?などと考えております。またご連絡させていただきます。ありがとうございました。