構造化コーディネート研究所(cc−labo)

代表である豊田美智子の個人的なブログです。事業所のURLはhttp://cc-labo.jp/です。

布団は畳の上に敷くもんだね。


 介護保険の住宅改修を利用して、畳の部屋をフローリングに替えて数週間が経ちました。和室とダイニングキッチンの段差が無くなり、快適です。けれど、布団はやっぱりフローリングの部屋には合いませんね。。畳と違って、敷布団があっても身体が痛いです。うたた寝の時はフローリングの上(正しくはビニール製イ草の敷物の上)で寝ています。当然のことながら、身体が痛いです。

 今日、マンションの段差解消スロープの件などで、夕方、福祉用具屋さんにウチに来ていただきました。他に、介護保険の福祉用具購入分で洋式トイレに昇降便座をつけてもらおうと考えています。でもいずれも、一度、デモをしてもらうことになりました。スロープは電動車椅子での昇降は諦めざるをえませんが、介助(ないしは自分で昇降)の場合でも、スロープを使い、かつ階段の踊り場(というか階段と直角になっている、外へつながる緩やかなスロープ)で90℃転回できるかどうかを試す必要があります。また、トイレの昇降便座はウチの洋式トイレの便器が小さい(高さが低い)ため昇降便座をつけられるかどうかわからないこと、加えてウォシュレットが使えなくなるかもしれないことなど、これらを試す必要があります。ほんと、中も外もバリアだらけのウチですねえ。でも、それを補う創意工夫を考えることも楽しいのですが。

 そしてベッドの話もしました。個人的にはまだベッドは導入したくありません。ウチの大掃除がまだ済んでいないこともありますが、子どものころから布団生活で、ベッドで寝るといったら病院でしか経験がありません。なので、どーもベッドを見ると苦手な入院生活を思い出してしまいます。とはいえ、身体の痛みには変えがたいですよね。ベッドのサイズも、ウチの洋室が狭いので、90cm幅にするか、80cm強のものにするかお話していました。部屋の大きさからすると90cmのものは場所を取ってしまいます。また今度、訪看さんとリハのセラピストさんに相談して決めようと思います。


 スタンディング車椅子は3つほどメーカーがあるそうです(日進医療器さん、アクセスさん、もう1つ忘れてしまった)。現在、介護保険で卸またはレンタルを取り扱ってくれているメーカーまたは卸業者さんを探してもらっています。スタンディング車椅子を使えるかどうかで、今度は台所の水栓レバーを伸ばさないと、座ったままでは水を出すことができません。水栓レバーには自助具がないそうですので、どうやって作るかまた考えます。

 あと、車椅子がすっぽり覆いかぶさり、1万円以下で買えるレインコートを教えていただきました(ご自分の会社で取り扱っているのじゃないのですが・・・優しい方なのです)。私は電動車椅子なので、今まで雨の日は乗らずにいました。でもこの商品ならバッテリーも濡れずに済みます。早速、注文しました。
 
 有限会社 パムック 車いすレインコート 6,000円 (Yahoo!ショッピングで手に入ります。)
 http://www.pamuk.co.jp/s/catalog/conv_life/conv_life_02.html



 そんなこんなで、たっぷりの時間、福祉用具屋さんを引っ張り込んでしまいました。ありがとうございました。ご迷惑をおかけいたしました。