構造化コーディネート研究所(cc−labo)

代表である豊田美智子の個人的なブログです。事業所のURLはhttp://cc-labo.jp/です。

元気のおすそ分け、ありがとうございます。


 今日の午前中はケアマネさん&保健師さんとの打ち合わせでした。今後、進行した場合の療養体制(主にその場)について話をしました。私の理想はいつまでも働きたいこと、そして専門職の壁の存在しない、誰もが助け合えるところは助け合う場を作りたい、だから今、その場を実現させるための場作りの(ほんの)一翼を担っている、といったことを話しました。私の進行が早過ぎたり、また逆に場作りが追いつかず、その体制が間に合わなかった場合は、自宅で一人で過ごします。介護保険+支援法だけじゃ足りないのは分かっているけれど、親には介護してもらいたくないし、とよダンナには働いてもらいたい。だから我慢できるところは我慢するしかない、と話しました。

 夕方は、kinuさんと、kinuさんの手話の先生(聾の方)とお会いしました。先生とお会いするのは2度目ですが、とても気さくな方で、kinuさんの手話通訳を通していろいろお話をさせていただきました。kinuさんと私は歳も近く、お互い、同じ市に20年も住みながら、同じ市に住む仕事関係者ではない友達と始めて巡り合ったわ、と話しました。他の街から転入してくると小さい頃からの友達もいないし、学生時代の友達も住んでいるところはバラバラだし、同じ市の仕事関係者は増えても、同じ市の同い年ぐらいの友人ってなかなかできませんでした。kinuさん、りんごジャムをありがとうございました。またメールさせていただきますね。

 Osugiちゃん、メールをありがとうございました。とってもうれしかったです。お互い介護が始まりましたね。みんなそろそろ、そういう時期に入ってきたのでしょうね。またお返事しますね。今日はPCの電源を入れたのが遅く、ケータイへのメールを送るには遅すぎる時間だなあと思い、明日以降にお返事しようと思いました。ごめんなさいです。


 昨日の事故から1日、相手の方はまだ診断書を取ってきておられないようです。お忙しい方のようで、電話もなかなかつながりません(保険会社の方もそうおっしゃっておられました)。気分がブルーな時に、今日はいろんな方とお話ができたり、メールやコメントを頂いたりできたので、元気のおすそ分けをしていただくことができました。ありがとうございました。明日からまたぼちぼち前へ進みます。