構造化コーディネート研究所(cc−labo)

代表である豊田美智子の個人的なブログです。事業所のURLはhttp://cc-labo.jp/です。

政策論も教育の一環にならないのかなあ。


 またいつもの月経さんが、今日の夜にやってきました。今後もまたですか。。痛くてだるくて、先ほどまで殆ど眠ってしまいました。今ようやく起き出して、再度、薬を飲んでいます。


 今日は書きたいことはいっぱいあるのですが、その元気がありません。今日は特に一日の生活の中で、政策論について話し合える土壌がこの国の投票者には少なすぎると感じました。私もまだまだ勉強不足ですが、よいことばかり並べているマニフェストのウラを読まないと、どこの党が政権をとっても、結局は裏切られてしまいます。そして、ある1つの政策が気に入らないから他の党を支援すればいいというわけでもありません。要は、どれだけ政策をシステム化できるのか、システム化できる党なのか、そこを読み込まないといけないわけで、でも私の知り合った多くの投票者は単発の施策の好き嫌いだけで支援する党を変えたら、という話になってしまいます。

 政策論をぜひ、教育の一環としていれて欲しいなと思います。そして源泉徴収という仕組みをなくし、全国民が申告は自分でするようになって欲しいです。国民の納税意識を高めないと、この国はよくならないでしょう。手当であろうと補償であろうと、もとは税金であり、それが不足するから国民から何らかの形で徴収しようとしている。手当や補償が暫定法律化されたら、数年で消えてしまうことも多々あるわけです。それなら税なり保険なりの方式を導入した方がよいと私は現時点で考えています。


 何か変な話になりましたが、月経の出血とPEGからの出血をお供にして、レペタンを入れて眠ることにします。カマグだけじゃ排便が起こらないのも辛いです。。排便痛が今月はキツそうだなあ。おやすみなさい。支離滅裂な文章でごめんなさい。



(9/1追記)昨日、ヘルパーのTchiさんが、新しいフローリングの部屋にワックスをかけてくださいました。私もお手伝いしようと思いましたが、一往復で足元ふらふら。即、退場命令が出ました(--) ワックスの匂いもきつくなく、昨日は久しぶりに布団で眠ることができました。3時間足らずだったけれど、ぐっすり眠れました。ありがとうございました。