構造化コーディネート研究所(cc−labo)

代表である豊田美智子の個人的なブログです。事業所のURLはhttp://cc-labo.jp/です。

「リハ見学ご一行様」のお越しです。


 今日はリハに、訪看のriverさんとmountさんが見学にお越しになりました。お2人ともリハベッドを舐めるかのように、真剣なまなざしでご覧になっておられました。時には実際にどのくらいの力をかけて私がリハをしていただいているか、OTさんに試してもらっておられました。小心者(クレームお断り^^)の私は、大人しく?リハを受けておりました。また見学に来たいとおっしゃってくださったお2人に、感謝・感謝です。

 その後、riverさんがウチに訪問してくださいました。ヘルパーのTkaさんもいらしてくだり、梨ジャムづくりと、普通に梨をむいて食べたいとお願いしました。スイカは誤嚥せずに食べられたから、水分の多い梨も経口摂取できるだろうという魂胆で・・・。でも、目論見はハズれ、見事に誤嚥しました。

 riverさんとTkaさんが直ぐにカフアシストをセッティングしてくださり、何とか吐き出すことができました。これで今日の時点で、私が食べることが可能で、かつ経口摂取できるフルーツは、スイカだけに決定?致しました。この誤嚥のお陰で、せっかくriverさんが吸引機の説明を実物を見せていただきながらして下さっていたのに、中途半端になってしまい申し訳ございませんでした。


 また、今日はriverさんに、口腔ケアのグッズを用いながら、実際に教えていただきました。使用したグッズは以下の2つです。みなさん既にご存知かもしれませんが、個人的感想を添えてご紹介いたします。

  • 「柄付くるリーナブラシ」:頬や唇の内側、上あご、舌などのお口の粘膜や、口内に残った食べかす・タンを清掃するための専用ブラシです。

 
 個人的な感想ですが、毛先がブラシになっているので、「点」として口腔ケアがしやすい道具です。私はリスか?と思うくらい、頬の内側の肉と歯茎でできた谷底に、食べ物を溜めてしまいます(食べ物を食塊としてまとめられていないということですねえ)。このブラシのお陰で、ハブラシでは取りにくい、また、うがいでも取りにくい食塊を取ることができました。




 http://ocmedical.jp/goods/e_kururina.html (口腔ケア・ドットコムより)
 http://oralcarestore.jp/shopdetail/001000000001/ (オーラルケアストアより)



  • 「ミニモアブラシ」:口腔粘膜洗浄ブラシ「くるリーナ」のヘッドを綿毛のような柔らかいものとしたブラシです。

 
 こちらも個人的な感想ですが、「くるリーナブラシ」より、ソフトです。こちらは「面」で口腔ケアをするのに向いているなあと感じました。頬の内側の肉を滑らせながら掃除をしたり、少し力を入れると頬の筋肉を伸ばすリハとして活用することもできます。また、舌の奥や手前など、舌そのものの掃除とリハもできます。掃除兼リハ道具に使えそうです。




 http://ocmedical.jp/goods/minimorebrush.html (口腔ケア・ドットコムより)
 http://oralcarestore.jp/shopdetail/001000000007/ (オーラルケアストアより)




 私は経口摂取の量が減っているので、唾液が少なくなりがちです。でもこれらの道具を使ってケア&リハをすると、唾液がたくさん出てきました。唾液が出すぎるのもダメですが、出てこないと水分ばかり欲しくなり、身体にもあまり良くないです。riverさん、mountさん、Tkaさん、今日もありがとうございました。また次回、よろしくお願い申し上げます。