構造化コーディネート研究所(cc−labo)

代表である豊田美智子の個人的なブログです。事業所のURLはhttp://cc-labo.jp/です。

セメントの部屋になっています。


 今日から和室をフローリングに変える工事が始まりました。私は仕事があったので、とよダンナに付き添いを頼み、夕方に自宅へ戻りました。今日の移り変わりは以下の通りです。

 
 もともとの和室です。真ん中に畳が小さく切れている箇所がありますが、ここは掘りごたつでした。これが魅力的でこのマンションを買ったけれど、結局、掘りごたつ用こたつセットが直ぐ壊れたので、使うことは余りありませんでした。掃除も大変だったしね。このお陰もあり、和室全体はフローリングより地盤?がかなり高く設定されています。
 ちなみに、カーテンは先日、ヘルパーさんのTchiさんとTkaさんに洗濯していただきました。ありがとうございます。

 
 畳がはがされた後です。掘りごたつの蓋が見えています。この中も、ある程度セメントで埋めるとのことです。ウチの部屋はマンションの1Fだから、加重を考えなくていいので助かります。周りのビニールはもともと畳の下に敷かれていたものです。


 
 
 掘りごたつがセメントで埋まりました。掘りごたつの周りは、ビニールの上にセメントを薄く塗ってくださっています。いよいよコンクリートの部屋になってしまいました。




 
 セメントが徐々に乾いてきている状態です。これを乾かすのに、あと2日、このまま放置プレイです。和室の荷物をリビングに運び出したので、座るところ・寝るところがありません。ダンナはかろうじてリビングに空いているスペースに布団を敷いて眠っています。私は座椅子を平面にし、廊下に座椅子を置いてそこに眠っています。
 夕寝・夜寝とも廊下座椅子で寝ました。午前12時ごろから爆睡しすぎて、起きてきたら午前4時30分でした。レペタン今から挿しておこうっと。



 残念ながら、和室のもともとの高さが想定以上に高いため、フローリングにしてもリビングとは全く同じ高さにはならないとのこと。明日・明後日とこのまま乾かしておき、最終日(28日)に、フローリング材を張ってくださる時に、金具を使って、できるだけ平坦にしてくださるとのこと。最初から洋室続きではない部屋に、ましてや掘りごたつがあった和室をフローリングに変えるというのは難しいですね。

 フローリング材の色も、今のリビングの色は昔の色で、今、発売されているものの中にはありませんでした。とにかく、ホルムアルデヒド等の匂いの少ないのを優先したので(でないと喘息発作がでるので)、ある程度の色の違いは諦めないと仕方ないですね。

 市の介護保険課は、掘りごたつのある部屋をフローリングにすることを最初は許可してくれませんでした。建築士さんが粘りに粘って、いろいろ見積書を組み替えていただきながら、ようやく許可してもらえました。助かりました。


 それにしても・・・建具屋さんも左官さんも、部屋を養生するという気持ちはないのかなあ。部屋中(リビングの方)埃だらけです。見るに見かねて、とよダンナが液晶テレビの影響部分だけ養生して欲しいと頼みました。私が自宅へ戻った頃は、廊下にはセメントの粉と木屑が足跡を辿るように落ちていました。がっくり(--)

 あとは28日のフローリング材の貼り付けを待つだけです。それまで狭いリビングでゴソゴソしています。木曜日にお越しいただくヘルパーさん、訪看さん、ご迷惑をおかけいたしますが、お許しくださいませ。テーブルに載せているリサイクル行きのPCをどこかに移動しておきます。

 セメントが乾くことには、私も暑さで乾いて干物になっていそう?! いやいや、最近太ったからなあ。米好きだから、籾殻がお腹の中にいっぱい入っていたりして(^^)



(おまけ)久しぶりに化粧をしたら、化粧を落とすのを忘れてたことに、今、気がつきました(--)