構造化コーディネート研究所(cc−labo)

代表である豊田美智子の個人的なブログです。事業所のURLはhttp://cc-labo.jp/です。

「お仕置き」を受けてきました。


 昨日のあれやこれやから1日経ち、今日は全身筋肉痛です。今日はリハの日だったので、昨日の顛末をセラピストさんにお話し、全身痛いねん〜と訴えてきました。でも「ほんま自覚のない患者やなあ。そういう患者には手加減しないよ。」と、いつもよりパワーアップした(と私が感じた)リハを受けてきました。いえ、お仕置きかも知れません。

 私は自覚のない患者です。と、自慢してはいけないのですが。疲労してても、誰かとお話している時や(楽しいお話ね。つまらんお話はさっさと逃げる。時間のムダだから)、外で仕事をしている時など、自分が患者であり障害者であり疲労しやすい身体であることなんてすっかり忘れています。で、ウチに帰って(あるいはみなさんがウチから帰られてから)どっと疲れる。ウチに帰るとないしはいると、仕事も生活もなかなか進みません。セラピストさんによくお話ししているのですが、温度計みたいに、疲労計作ってよ〜って思っています。


 話は変わりますが、今週、アレルギー内科の診察を受けてきました。その時に、入院前から今も微熱が下がらない、レペタンを入れると30分ほどで熱が下がるが、薬効時間が切れるとまた熱が出てくる、とお伝えしてきました。Drいわく、それは誤嚥してるからやろね〜とのことでした。そっかあ。確かに昨日も枝豆の小さな破片が入ったようで食後しばらくしたら咳が止まらなくなったし、今日のリハでもホットパックを当ててもらっている最中に唾液を誤嚥したし、セラピストさんいわく鼻腔が弱い人は誤嚥しやすい(私は後鼻漏+副鼻腔炎を起こしやすいため)とお聞きしたり・・・そりゃ毎日のように誤嚥しててもおかしくないなあ。誤嚥対策、強化?しないといけないかも。


 あ〜身体が痛いなあ。nagomiさん、大丈夫ですか? 明日までに筋肉痛が治りますように。