構造化コーディネート研究所(cc−labo)

代表である豊田美智子の個人的なブログです。事業所のURLはhttp://cc-labo.jp/です。

賑やかな1日でした。


 今日は一応?私の『ケアの日』。今日も中途覚醒で目が覚め、久しぶりにいつもより強い眩暈(レペタンの副作用)がやってきました。そのまま、朝というか朝の終わりごろにリハへ出かけてきました。さすが8月13日。患者さんの数も少なめでした。診察は何故かいっぱいでしたが(お盆休みがないクリニックなのです)。お陰でたっぷりとリハをしていただいたにも関わらず、夜には既に痛みが戻ってきてしまいます。リハの効果を維持できる時間が短くなっていくことが、本当に悲しいです。


 帰宅後、ヘルパーのTkaさん、今日から日数を増やしてもらった訪看のriverさんがご到着。Tkaさんには相変わらずいろんなことをお願いし(その多くがとよ猿のエサづくり)、黙々と働いてくださる姿に感謝しております。お声がけしたりおしゃべりしたりしようかなと思いつつ、訪看さんとのお話を優先させてしまいました。Tkaさんはいつも細かくメモを取られます。今日、チラッとメモが見えました。みっちり書いておられるなあ、と感心しました。お陰でもうPEGの準備・消毒も完璧です。いつもありがとうございます。途中から、サ責の方もご訪問下さり、一緒にお掃除してくださいました。サ責さんは収納の名人。ウチの台所のごちゃごちゃした道具類が、みなさんが帰られることにはすっきりしていました。ありがとうございました。

 訪看さんのriverさんとは、あれやこれやとお話しておりました。今度、私がリハしているところを見学してくださることになっています。OTさん(=オニ・セラピストの略だよね、と私は呼んでおりますが^^)と今日相談し、再来週にお越しいただくことになっています。riverさんもmountさんも私のブログを読んでくださっているので、話が進むのが早いです。今日はお盆休みでとよダンナも一緒にいてくれました。とよダンナは私のブログを読んでいないのと、飛び交う専門用語に???だったようです。

 加えて、Tkaさんとサ責さんに作っていただいた白玉と、砂糖抜きの小豆の水煮で作っていただいた善哉(というか、あずきの白玉団子かな)を訪看さんととよダンナと一緒に食べました。ヘルパーさん、サ責さんにも味見していただきました。以前よく使用していた米水飴を、自分ではすくえなくなったので、最近は購入していませんでした。けれど、ヘルパーさん・訪看さんにお越しいただくようになってから、購入再復活。今日も白玉団子に米水飴をかけて、一緒にいただきました。どこか懐かしい味がします。でもとよダンナは、いつも使っている砂糖のたくさん入った缶詰の小豆じゃないと満足できないようです。


 皆様がお帰りになった後、私は少し眠りました。でも身体がだるく、なかなか起きられなくて、とよダンナに買い物をお願いする始末。エレンタールを注入しながら夕食を食べ、またまた横になっていました。リハ後の気持ちよさと、身体が元に戻っていく境目の時間帯って、とても身体がだるくなります。また、夜中に眠ってもどうしても中途覚醒してしまうから、夕食以降は、日中以上に細切れ睡眠が欲しくなります。

 とはいえ、細切れ睡眠で疲れは取れやすくなっても、逆に集中力が細切れになるので、仕事などが手につきません。今後、寝たきり生活になった時のことなどを考えて、今のうちに普通に寝て普通に起きる、そういう生活を送りたい。でも長年、夜型生活を送ってきていたし、今はそれに病気が加わってしまったから、もう無理かなあ。

 今日は賑やかな1日でした。ヘルパーさんともゆっくりお話してみたいです。そういう時間の使い方って、制度上、ダメなのかなあ。それなら私がヘルパーさんの傍に近づいて話をしようっと。ヘルパーさんにとって、邪魔な存在になりそうですが^^



 いろんな方のお話を聞きたい(一部を除いてね)、私のこの好奇心だけはまだ衰えていないことに自分で自分に感謝です。いろんな心理(感覚)の中で、私は好奇心と感受性だけは、いつまでもなくさないようにしたいです。とはいえ、私がまともな感受性を持っているのかどうか、多々疑問では有りますが?? みなさま、今日もありがとうございました。カマグを睡眠薬の代わりにして眠ります>riverさんへ。おやすみなさい。