構造化コーディネート研究所(cc−labo)

代表である豊田美智子の個人的なブログです。事業所のURLはhttp://cc-labo.jp/です。

エレンタールの功罪?!(7/25および8/18修正・追記)


 エレンタールのお陰で栄養がつき、筋肉の質や張りが変わったと、リハのセラピストさんに以前におっしゃっていただきました。この調子でもっと筋肉を鍛えよう(?)と思っていたのに、因果関係は定かじゃないけれど、筋肉の質や張りが変わったためか、全身が萎縮痛で痛くてたまらない。顔を含め、全身の皮膚が痛い。萎縮した・しようとする筋肉が皮膚を引っ張っているんだろうね。顔を含め、関節が痛い。関節と筋肉を結んでいる腱が、萎縮した・しようとする筋肉に引っ張られているんだろうね。あるいは筋肉そのものが痛んでいるのか。。いずれにせよ、全身、痛すぎ状態です。PEG造設のお陰で切れてしまった腹筋も、とっても痛みます。腹筋が横に痛むんじゃなくて、放射線状に痛むという感じかな。肋間筋も痛むので、呼吸がしにくいです。


 リハを受けると痛みが和らぎます。でもその和らいでいる時間がどんどん短くなり、リハの日の夜には元に戻っています。も〜アカン。私はアスピリン喘息のため鎮痛剤(NSAIDs)を飲めないから、何とかしてオピオイドで痛みを和らげたい。オピオイドの1つであるフェンタニル(商品名:デュロテップパッチ)はシール上のオピオイドで便利だけど、まだ癌の疼痛にしか保険が適用されていない。それなら今度は、同じくオピオイドの1つであるモルヒネの錠剤(商品名:MSコンチン、カディアンカプセルなど)をGETしに行こうじゃないか(7/25訂正 現在のところ、入院中の院内処方でないと、癌以外には適応されません。監督庁の調査が入ったら、何かあっても病院が責任を取ると監督庁に申し出ることにより、院内処方で癌以外に適応することが可能となります。但し、現在のところ、レペタン座薬なら癌以外でも院外で処方可能です)。ということで、明日、リハDrに相談してきます。リハDrは麻薬を取り扱うことができる資格をお持ちだけど、肝心のその麻薬を取り扱うことができる薬局があるのかどうかが分からない。もちろん、この近所にはない(7/25追記 レペタン座薬を取り扱っている薬局は、今日、見つけることができませんでした。現在、リハ病院で調べてくださっています)。ウチの裏山に生えてそうな大麻を探す方が早かったりして。いやいや、自分で栽培するか(^^)


 本日は『仕事の日』のはずが、朝から自分と義母の手続き関係などでドタバタ。市役所にもより、自立支援法の移動支援と通院介助を申請してきました。全て、職員さんに代筆していただきました。通院介助はDrの意見書と市役所における内部審査が必要とのこと。意見書を、またリハDrにお願いしないと。(8/18追記:結局、通院介助の申請権利は私にはありませんでした。詳しくは8/18の記事をご参考下さい)。加えて、内部審査のために、初回ヒアリング時からの変化について、再度ヒアリングを受けました。でも相変わらず、障害年金と生命保険の手続きができていません。もうかなり字が書けなくなってしまったので、PCで打って切り貼りしたらアカンかなあ、障害年金の申立書。あんなにたくさん、文字書けないわ。内容は直ぐ浮かぶんだけど。「伝の心」の類似商品として、「書の心」っていうの作ってくれへんかなあ、日立さん。あ〜、手指の腱を引っ張るな〜。PC打たれへん〜。