構造化コーディネート研究所(cc−labo)

代表である豊田美智子の個人的なブログです。事業所のURLはhttp://cc-labo.jp/です。

お互いキンチョーしまくりでした。


 今日はリハの後、初めてウチにヘルパーさんがお越しくださいました。これから週2回、生活援助を受けることになっています。一体、何してもらったらいいんだろう、ウチの汚点丸出しやなあ、嫌がられるだろうなあ、とか考え、私は仕事以上にキンチョーしていました。初めてだったので管理者の方とご一緒にお越しくださった若いヘルパーさんも、キンチョーしておられるのが分かります。1時間介護保険内、1時間自費(家族共有部分の清掃など)という形で来ていただいています。実際は介護保険の仕事と自費の仕事がごちゃ混ぜで2時間進んでいくのですが、時間を切り貼りすると、ちょうど上記のような形になります。

 今日はPEGの準備、注入(PEGボタンにカテーテルを差し込むのは医療行為だからしていただけません)、洗浄、消毒(殆ど時間なかったけれど)をしていただいてる間に、私のお昼ご飯(ヨーグルト+リンゴジャム、解凍した赤飯)を準備していただきました。その後、リンゴジャムを作っていただきました。リンゴをすりおろすと誤嚥するし、先日私がしたようにゆでたまごスライスで切ったらタクアンみたいになるので、細かいイチョウ切りにしていただきました。砂糖が食べられないので甘味料は何もいれず、レモンもいれず、リンゴ(黄林:これしか私は食べられない)を水だけでひたすら煮るという、コンポートみたいなジャムです。でも黄林の甘みがしておいしいです。見た目はタクアンからガリに変わった感じかな(^^)

 その後、台所のステンレス部分の掃除をしてくださいました。今までダンナにお願いしていたけれど、ヌルヌルがステンレスにずっと残っていました。私にはそれを落とす力がないので、ヘルパーさんがしてくださいました。付き添いである管理者の方も、洗面所の清掃をしてくださいました。洗面所の鏡もずっと拭きたかったのですが、肩が上がらず、しばらく放ったらかしでした。本当に助かりました。これからもどうぞよろしくお願いいたします。



 話は変わりますが、来月の上旬に、介護保険内での住宅改修の打ち合わせをすることになりました。候補としては、1.トイレを引き戸にすること(取っ手をなくして、車椅子で開けられるようにしたい、2.今あるキッチンと和室で電動車椅子が使えるようにしたい(でもできればイ草の良さは残したい)、3.お風呂のドアを引き戸にする(これはまだ悩んでいます。入る時に狭くなるから、逆に邪魔になるかも知れません)の3つです。

 やがて引越を考えているけれど、引っ越した場合、また介護保険内での住宅改修が使えます。そこで、当面は今の家に住むことになるので、(療養の場ではなく)快適に暮らせる場にしていきたいと思います。

 後は、私がどれだけ本を捨てる勇気があるかどうか。そして大学院を、博士後期課程単位取得退学で終わらせるかどうか。その選択によって、捨てるモノの量が断然違います。リハDrは大学院は絶対やめたらアカンと言ってくださるのですが(休学のための診断書を何度か書いていただいているため、私がリハDrの出身校でもある大学院に通っていることをご存知です)、体調崩してからもう2年も休学しているからなあ。何の論文を書こうとしていたのかも分からなくなってきたし(--) 学生証も昔のままのため、今は図書館に入れないしなあ。オマケにバリアフルな学校・交通だから最寄り駅まで行けないし、かつ最寄り駅で乗降できません〜。さて、どうしようかな。