構造化コーディネート研究所(cc−labo)

代表である豊田美智子の個人的なブログです。事業所のURLはhttp://cc-labo.jp/です。

文字盤って、どうして50音順のものが普及しているのだろう。


 私はまだ寝たきりでもなく、声も出せるので、その立場になってみないと分かりませんし、偉そうなことはいえません。それを前提に以前から思っていることを書こうとしておりますが、文字盤はどうして50音順しかないんだろう(というか普及していないんだろう)と不思議に感じています。

 今日、訪看のmountさんがお越しくださいました。ダンナも休みだったので、一緒に文字盤の話をしました。mountさんは学生の頃、療養所での実習で、文字盤の使い方や患者さんとのコミュニケーションの取り方などを一生懸命考えられたそうです。そこで今日は、文字盤についていろいろお話をお聞きいたしました。


 文字盤の見本については、以下のHPを参照下さい。
  http://www.tencil.ecweb.jp/14/3975.html
  http://www.tencil.ecweb.jp/14/4988.html
   いずれも株式会社 テンシルさんより(http://www.tencil.ecweb.jp/14/index.html


 使用・制作方法例(テンシルさんのものではありません)
  http://www.niigata-nh.go.jp/nanbyo/riha/mojiban.htm
   神経筋難病情報サービスより(http://www.niigata-nh.go.jp/nanbyo/index.htm#start



 今の50音順の文字盤は、私の仕事で例えると、何の案内もないスーパー、どこが店頭で店央で店奥でバックヤードか分からない、どこに何の売場があり何の商品があるのかが分からないように感じます。かゆいところがあっても、どこがかゆいかを一文字ずつ追いかける(あるいはかゆいという単語を示してから、どこがかゆいか一文字ずつ伝える)と言う方法になるのだとすれば、かゆい患者はイライラするし、コミュニケーションしている間にかゆみを我慢してしまったり、かゆみが消えてしまったりするのかも知れません。

 私が文字盤を使うとすれば、まずはカテゴリー(グループ)を伝えたいなと思います。例えば「1.かゆい」「2.吸引」「3.スイッチ・リモコン操作」「4.誰かを呼んで欲しい」・・・といったカテゴリー表を示して欲しいなと思います。そして、もし「1」と合図したら、1)前面、2)背面、A)右、B)左、といったことをさらに合図し、それにあわせた人体図を出してその人体図に番号を入れておき、また番号を合図します。その後は、実際に手で触ってもらいながら、この当たり?ここ?と言った形で、できるだけ早くかゆみに到着できればと思ったりしています。

 それに近いイメージのHPがありました。人体図の文字盤です。
  http://kokoro-rb.jp/3_14.html(こころリソースブック出版会さんのHP)


 他にも「3.スイッチ・リモコン操作」というカテゴリーを最初に掴んでいれば、その方に関係するスイッチ・リモコンをカテゴリー表の中に、あるいは別途用紙に書き込んだものを見ながら、「1)パソコン」「2)エアコン」「3)ベッド」などとだんだん焦点に近づいていく方法が取れないかと思いました。そのためにも、数字や記号を、言葉の前につけることがポイントだとも考えています。聞き取る方も、文字を読んでいくより数字を読んでいく方が早いでしょうから。


 実際にこのような方法をやってみられた方で、こんな方法はやりにくいというご経験をされていた方がいらっしゃったら申し訳ございません。これはあくまでも、私個人の今日現在の考え方と言うことでお許し下さい。

 また私は、50音順の文字盤を目や手で追いかけていくより、音で聞いて判断する方が早く感じました。今日、訪看さんの前で音で聞いて判断する自作自演?をしてみたのですが、やはり音の方が早く感じました。私はこの病気になってから何故か音に敏感になりました。やはり野生の猿の血が流れているのでしょう(^^) 個人的には透明の文字盤より白い紙の文字盤(患者の横について文字盤を使う)、カテゴリー表は使いながら50音の文字は音で聞いて音で反応する、と言う方がやりやすいような気がしました。

 なんせ未だに初診病院のDrから「非典型的だけどALSとしか考えられない患者」と言われている私ですから、文字盤を使うのはもっと先かもしれませんし、ひょっとしたら突然やってくるかも知れません。これからも訪看のmountさんと一緒に、いろいろ試してみたいと思います。訪看のmountさん、riverさん、これからもどうぞよろしくお願いいたします。