構造化コーディネート研究所(cc−labo)

代表である豊田美智子の個人的なブログです。事業所のURLはhttp://cc-labo.jp/です。

訪看さんにカフアシスト(カフマシン)を試していただきました。


 今日からリハビリ(キャンセルが多く、珍しく私だけだった^^)が終わってから、本格的に訪看さんのアドバイスや手助けを受け始めました。今後、お2人の訪看さんのお世話になります。お2人共、とてもおもしろい方です。お2人ともイニシャルが同じなので、事業主である訪看さんをriverさん、こちらのスタッフである訪看さんをmountさんとお呼びしようかと思います。

 今日はmountさんがお越しくださいました。私のお聞きしたかったこと(PEGの洗浄や肉芽のことなど)や、mountさんのこれまでのご経験など、いろいろ教えていただきました。また、カフアシストを試していただきました(健常な方が試しすぎると、過呼吸になるので注意が必要です)。


 私が使っている(というか現在輸入されている)カフアシストは以下のものです。


     
   


 上の段の一番左がカフアシストのロゴです。次の写真がカフアシストの全体像(正面からみたところ)です。ちなみに本体の大きさは、W27.9×H29.2×D41.9cmで、重量は11kgあります。いろいろな調整ボタンがついています。上の段の右の写真のメーターは、右半分が青色、左半分が黄色、になっています。青い部分が陽圧(inhale)の圧を表し、黄色い部分が陰圧(exhale)の圧を表します。下の段の1番目の写真は、ホース(チューブ)の空気フィルタの部分です。そして下の段の最後の写真が鼻とクチに当てるマスクの部分です。

 カフアシストは排痰のお手伝いをしてくれます。でもマスクに痰が溜まるわけではありません。カフアシストを使用した後、痰は徐々に喉や口の中に上がってきます。あるいは自分で軽く咳をすると吐き出しやすくなります。カフアシストの仕組みは、マスクから発せられる陽圧の空気によって肺が膨らまされた後、瞬間的に(0.1秒くらい)陰圧の吸引に変わり、咳のように肺から空気を素早く引き出してくれます(ちなみに私は、陰圧を強いめに設定して使用しています)。そのようにして、排痰のお手伝いをしてくれるものです。排痰アシストというより、咳アシストですね。だから、カフ(cough=咳)アシストという商品名になっているのでしょう。カフアシストのお陰で、喘息発作も早く治まるようになり、助かっています。

 カフアシストは、小さな食塊も引っ張り出してくれます。私は昨晩、のどに何か引っかかるなあという程度しか感覚的にはなかったのですが、カフアシストを使ってみると、リンゴジャムの中に入れているすりおろしリンゴが口腔内に引っ張り出されてきました。こんな風に誤嚥したと感じないような細かい食塊も引っ張り出してくれるので、自分の誤嚥に対する感覚がはっきりしない・鈍っている時などにも使っていこうと思います。


 今週、カフアシストのレンタル契約をします。いざ契約するとなると、やっぱり高いですねえ。。私、療養してる場合じゃないですよね>mountさん(^^)



 ちなみに、身障法を活用して購入したネブライザーは以下のものです。カフアシストを設置しているワゴン(レスピロさんからお借り?している)の上に、今は乗せています。


   
 左がネブライザー(吸入器)全体の写真です。カフアシストに比べたら、小さいものです。右側がネブライザーを使用するときの組み立て用具一式です。奥に見えるのが、液体のステロイドです。それを薄める生食は冷蔵庫で保管しています。

 ちなみに、ネブライザーに関係ないものが2つあります。1つはタッパーに入っているマウスピースです。もう1つは手前にある笛みたいなものです。これはピークフロー(息の強さ:言い換えれば、吐く息の瞬間最大風速)を計測する器具です。喘息持ちの私は、朝晩で上がったり下がってりしています(朝がとても低い)。

 本当はあとBiPAPがこれら呼吸系アイテムの1つとしてここにいて欲しいのですが、まだ設定が上手くいっていません。私にBiPAPが合うのかどうか、私がBiPAPを使用できるようになるのかどうかは、今後の診察・BiPAP転院次第です。PEGからエレンタールを入れ始め、栄養がついてきたからか、呼吸も少しラクになってきました(夜中はやっぱりしんどいけれど)。なので、BiPAP導入はまだ先延ばしできそうな気もしています。


 明日は退院後、初めてのアレルギー科Drの診察です。Drのご機嫌はいかに?!