構造化コーディネート研究所(cc−labo)

代表である豊田美智子の個人的なブログです。事業所のURLはhttp://cc-labo.jp/です。

もっとクチから食べましょう。


 入院中、特に最後の1週間は、喉が渇いて仕方ありませんでした。微熱が続いているからかなあ、院内が乾燥しているからかなあ、とか思っていました。退院して3日経ちましたが、ますます喉が渇いてきています。また、マウスピースをつけて寝ると更にクチの中が乾いてしまい、中途覚醒の時に外していました。

 今日、歯医者さんに歯のお掃除に出かけました。入院直前にも掃除してもらったのですが、入院期間中にとっても歯が汚れていました。PEG手術後しばらくは歯が磨けなかったし、クチの中が乾いているからなあと思っていました。そこで、クチが乾いている、唾液が出にくい感じがする、だから水分ばかり飲んでいると、歯科Drと歯科衛生士さんにお尋ねしました。いろいろやり取りした結果、PEGをつけてからクチから食べる回数が減っていること、だから唾液が出てこないこと、おそらくそれがクチが乾く原因だということが分かりました。

 クチから食べないと唾液がでないし、歯にも良くないよとご指摘を受け、とりあえず唾液スプレー(唾液の代わりとなるもの)をマウスピース用に頂いて帰りました。でも、エレンタール注入後はお腹が重くて、しばらく(1〜3時間位)は何も食べる気がしません。なので注入しながらバナナを食べたりしています。あるいはエレンタールの食間(?)に何かを食べています。でもクチに食べ物が入っている時間は、確実に減っています。私が砂糖を食べられるのであれば飴などを舐めて唾液を出すことができますが、もしそれが可能であっても誤嚥が恐いしなあ。


 経口摂取が減っても、エレンタールでカロリーを取っているため、入院前後の体重は殆ど変わりません。少し減ったかな?という程度です。でも皆さんから、太ったねと言っていただく機会が増えました。とよ魚は干物から切り身になったようです。

 そして下腹ポッコリーは、ますます成長しています。胃下垂だから、エレンタールが胃の中にいる時間が長いんだろうなあ。オマケに増えたカロリーの多くが、下腹に回っているんだろうなあ。

 最後にお詫び:メールの返信がかなり遅れています。申し訳ございません。。ブログ書いてるヒマあったら返信しろ〜と怒られそうです。でも、アホなこと書いたり、カタいこと書いたりして、自分の思考や感情を可視化しないと、アタマがバクハツしそうになることがあります。お許しくださいませ。