構造化コーディネート研究所(cc−labo)

代表である豊田美智子の個人的なブログです。事業所のURLはhttp://cc-labo.jp/です。

そうですか、お休みですか。


 今日、呼吸器の担当Drとお話しをしました。今回の入院が終わったら、BiPAPを自宅に持って帰るかどうかというご質問がありました。あと1週間入院を延ばしたので、来週中に設定が間に合えば持って帰ります、病院ではゆっくりしているからBiPAPなしでも大丈夫ですが、日常生活および仕事に戻ったらまた息苦しくなるので、とお話ししました。

 そうしたら「オレ、来週休みなんだわ」というお返事(看護師さんの情報によると、火曜日まではいらっしゃることになったそうですが)。は???、私は何のために入院を延ばしたのやら・・・。こりゃ昨日書いた、再入院の第5の理由ということですかねえ。地元の病院とのカンファレンスの日が決まったのですが、その日もいらっしゃらないということですね。。まあ、Drにカンファレンスへの出席をお願いするのは、どっちにしろ無理なことだと思いますが。

 あと、自宅へ持って帰って、今の地域のドクターがBiPAPの細かい設定まで見てくれるのかどうか、というご質問もありました。神経内科医で他の患者さんのBiPAPをご用意されたりしているので、見ていただけないことはないと思うけれど、お忙しいからどうなるか分らないと答えました。レスピロさんも3か月に1度は自宅に見にきて下さるそうですが、今回、呼吸機能が急激に落ちてしまったように、それだと間に合わないことがあるかもしれません。まだ呼吸器の担当Drとはお話していませんが、再入院を定期的に繰り返す方法で対応しようかな、と思っています。私のショートステイ先にさせていただこうかな。溜まった疲れを取りにやってくる患者として(^^)


 レスピロさんから、BiPAPの他のマスク(ラテックスアレルギーの私にも使えるマスク)を2つ持ってきていただきました。今日はレスピロさんとは直接話ができなかったので、看護師さんに手伝っていただいてマスクをつける練習をしてみました。

 1つは鼻&口マスクで、ラテックスを使っていないようですが、(恐らく)シリコンの匂いが強くて私には使えそうにありません。もう1つは鼻マスクですが、鼻全体を覆うタイプではありません。こちらは「ラテックスは使っておりません」と明言してありました。以下の写真がそれです。
  
 http://www.fuji-respironics.com/product/accessories/optilife/index.htmlより

 上述は「OptiLife」という商品名の鼻マスクです。左側の写真は両方の鼻の穴をまとめて覆って空気を送り込むタイプ、真ん中の写真は両方の鼻の穴にそれぞれ空気を送り込むタイプ、そして装着イメージ写真が一番右側の写真です。これだと眼鏡をかけることができるし、噛み締め防止用のマウスピースも付けることができます。これで、口呼吸から鼻呼吸に治せるかなあ。


 マスクは新しくなっても設定はまだ変更していないので、今日も週末もBiPAPなしの夜を過ごします。その方が眠りやすいんだけど、何の家事も仕事もしていない今はね(^^) もう消灯で〜す。