構造化コーディネート研究所(cc−labo)

代表である豊田美智子の個人的なブログです。事業所のURLはhttp://cc-labo.jp/です。

入院が1週間ほど延びるかも知れません。


 PEGの手術当日から数えて3日目。初めてごはん(3分粥)を食べました。その日から下痢が始まり、お粥のためかなあ、久し振りのご飯だからかなあ、とか思っていました。でもその後も、下痢はずっと治まらず、おまけに5日目からは不正出血まで始まりました。

 ちょうど今週が同じ病院の産婦人科受診の週だったので、今日に早めてもらい、受診してきました。月経痛のような痛みもあるし、出血量も多いし、ピルの終わりかけでもないし・・・と新しく変わった女性Drに話をしてきました。私の飲んでいるピル(ルナベル)は以前から不正出血が多いのですが、今回は手術のショックでホルモンバランスが崩れてしまったことも原因だと思うよ、ピルを飲み終わればまた同じように月経が来るよ、とのことでした。

 下痢の方は、下痢止めとして「ロペミン」という薬を1錠いただきました。作用が強い薬なので、「出したい・出させない」が拮抗しています。おかげで15分で7回もトイレに行く羽目に・・・。病院からビオフェルミンもいただきましたが、病院には顆粒しか置いていないので、顆粒で誤嚥する私にとっては飲むことができません。また、ビオフェルミン澱粉で固めてある薬なので、お湯に溶かすと「白玉」が出来上がります(--)


 PEGの術後の痛みと、下痢&不正出血からくる疲れのお陰で(何度もトイレに行くので、部屋にポータブルトイレを置いてくださいました)、BiPAPの練習ができないでいます。データ解析をフジ・レスピさんにお願いすることになっているのに、データを蓄積することができません。一応、今日から夜間継続BiPAPに挑戦することになっているんだけど。。。

 また、消化器外科助手Drによると、私の場合、PEG術後の腹壁と胃壁の引っ付きがあまり進んでいなく、この分だと抜糸まであと1週間はかかるとのこと。また、下痢のために、経管栄養剤を試してみることもできません。早く自分に合う経管栄養剤を見つけたいんだけれどなあ。

 手術もしんどかったけれど、ガーンとやってくる手術の痛みよりも、ちょろちょろと何回もやってくる痛みが続いている今の方が、何だかぐったりしています。あ、またトイレに行きたくなってきた・・・。


 消灯時間を過ぎました。よい子はトイレに行って寝る準備をしましょう。