構造化コーディネート研究所(cc−labo)

代表である豊田美智子の個人的なブログです。事業所のURLはhttp://cc-labo.jp/です。

しんみりと、やわらかく、真剣な顔つきで。


 昨晩も息苦しくて殆ど眠れず。最近、朝方に浅い眠りをしている時に夢を見ます。眠りが浅すぎて夢と現実の区別がつかず、寝言を言い続けています。そして、私、寝言を言ってるわ、と現実的に受け止めている自分もいます。いつも訳の分からない夢ばかり見ているけれど、今朝の夢も良く分からない夢でした。ひたすら巻き寿司を切っている夢で、それも輪切りじゃなくて、薪割りみたいに縦にひたすら切っていく夢です。「巻き寿司、足らんで〜」とか寝言を言ってました。どなたか、夢占いしてくださいませ。巻き寿司が夢に出てきたのは、おそらく入院中の義母が、巻き寿司を食べたいから持って来てと義兄に何度も言っているからかもしれません(でも殆ど食べずに残ってしまうのですが)。


 眠れずに目を真っ赤にしながら、朝一番でリハへ出かけました。リハのセラピストさんがいつも以上に時間をかけてリハをしてくださりました。私の身体は、かなり緊張しているようです。リハの後、セラピストさんから、「疲労が溜まり過ぎて、身体の緊張がとれない状態だよ。日中でもいいから、眠れるときに眠った方がいいよ。他の人のこと(義母のことなど)考えている場合じゃないよ、自分のことを考えないと。」といったお話を、しんみりと、やわらかく、そして真剣な顔つきで聞かせてくださいました。ちょっと落ち込みながら、私はセラピストさんの言葉を聞いていました。


 日中、自宅にいる時は、眠るようにしています(というより、身体が勝手に眠ってしまうのですが)。でもここ何年かで蓄積された、身体の底にある疲れが残っているような気がしています。こういう疲労ってストレス発散して取れるもんじゃないから、今はヘドロのように固まった疲れの上に、新しい疲れを積み上げていっているような感じです。身体が不自由になってから大好きな書店めぐりにも出かけていないし、大好きな田舎めぐりにも出かけておらず、行動範囲がごく限られてしまっているから(それも殆ど病院)、身体だけでなく心と頭への刺激も少なくなり、ヘドロがどんどん増えていっている感じです。一度、ヘドロを全部取り除きたいなあ。入院中にヘドロのお掃除を・・・できるわけないか(--)



 午後10時ごろ寝て、夜中、最も息苦しくなる午前4時前後に起きるようにしようかな。でもそんな生活、今まで送ったことないから、きっとできないだろうなあ。とりあえず、入院してBiPAPに慣れてから考えようっと。



(6/5早朝おまけ)唾液誤嚥で目が覚めました。またずっと夢を見ていました。ホームレスの女性と一緒に2日間歩くという夢でした。素敵な女性でした。いろんなことを夢で考えさせられました。夢でも考えごとしてますねえ(--)