構造化コーディネート研究所(cc−labo)

代表である豊田美智子の個人的なブログです。事業所のURLはhttp://cc-labo.jp/です。

The Yeast Connection and Women's Health←3/31・4/5追記


 ※12/1/19追記:以下に書いています私についてのアレルギー(食べられるものなどについて)は、その後、変化しています。どうぞご了承下さい。


 年度末宇宙ステーションでこなすべき報告書作成の仕事をさぼり、私の食物アレルギーについて、あれこれ考えておりますです。本日は食物アレルギーについて、年度末宇宙ステーションから交信いたしますです(^^)


 食物アレルギーの1つに、「イーストコネクション」というものがあるのを少し前に知りました。ここでいうイーストとは、パンを作る時に使うイースト菌だけでなく、酵母ないしは真菌類の総称を指しています。体内の常在菌であるカンジタ菌も、イーストの一種です。イーストは腸内細菌の状態を変えてしまうので、イーストの餌になる糖や、イース酵母の摂りすぎに気をつけないといけないようです。

 そこで、もっと「イーストコネクション」について知りたくなり、以下の洋書を買ってみました。
 

The Yeast Connection and Women's Health

The Yeast Connection and Women's Health

 この本と連動して書かれたサイト(英語)もあります。
 http://www.yeastconnection.com/


 ようやく届いた本を斜め読みしていると、「sugar in all forms」を避けろ、と書かれています。通常の砂糖類は何でもダメってことね。メープルシロップがヤバくなってきたのも(今のところ少量ならOK)、メープルも「sugar in all forms」に入るからでしょうね。私が摂取できる甘味料は、「マービー」か「粉飴」に限られそうです。他にもいろいろな食品や防腐剤等の添加物も書かれています。私に当てはまるものが、砂糖以外にもいくつもありました。一部はアスピリン喘息・アルコール喘息を引き起こすものと重なっています。パンが全く食べられないのは、砂糖が入っている以外に、イースト菌が入っているからだと思われます。


 この書籍から、「イーストコネクション」(イースト理論)を説明した図が以下のものです。
 
 http://homepage2.nifty.com/midoriyama/komeallergy.htmより
 私、ピルもステロイドも使っております(--) アスピリン喘息のため風邪薬が飲めないので、風邪を引いたら抗生物質を飲まざるを得ません。また今では、バナナとリンゴとモモ以外の果物は全く食べられなくなりました(アスピリン喘息も関係しているけれど)。最近は、バナナでも胃痛を起こすようになってきています。でも私にとってバナナは食べやすい(嚥下しやすい)食品なので、様子を見ながら今も食べています。アルコールも喘息(アルコール喘息)を引き起こすので飲めません。もともと飲めない方だったけれど。


 私が砂糖を食べると胃痙攣を起こす理由は、胃の疾患(胃潰瘍逆流性食道炎)が原因ではなく、どーも「イーストコネクション」のような気がするなあ。ここしばらく胃薬を止めてみたけれど、胃痙攣とは別の胃痛や吐き気等が起こるから。。今度、呼吸器・アレルギー内科のDrか、食物アレルギーに詳しいDrに聞いてみようっと。ひょっとしたら、大人なのに小児科受診になるかもね。ついでにRAST検査の項目にカンジダも入っているので、血液検査で調べてもらおうかな(カンジダは性病を起こす菌でもあるけれど、RAST検査は性病の検査じゃなく、アレルギー物質を特定する検査です)。

 私の食べ物事情が、これらのことで解明できるかも。解明できてもアレルギーだから、結局はその食品は避けるしかないんだけれど、解明できるのとできないのとでは気持ちの面で全然違うしね。この本によれば、PMS月経前症候群)も「イーストコネクション」が原因の1つのようなので、食べ物に気をつけることによって少しでもPMSがラクになればいいな。

 けれどできることなら、何でも食べられる身体が欲しいなあ。ALSで動けなくなる上に、「イーストコネクション」のため食べるものまで限定されるなんて辛いなあ。もともと好き嫌いも多いし、嚥下障害も出てきているしね。これからの介護も大変になるだろうなあ。PEGをつけても、流せるものが限られるしなあ。でもアレルギーだからどうにもならないし、「とよ猿レシピ」でも作るとするか。レシピの数、少ないけどね。「りんごジャム」と「いもりんとん」と「ソイミルクティ」(いずれもとよ猿版)ぐらいしかないぞ。


 明日はケアマネさんの新事業所との契約です。明後日が「事前指示書」の案の提出です。でもまだ書いてませ〜ん。事前指示書の代わりに、事業報告書を持って行くとするか(^^) 名前も良く似ているしさあ・・・って、そういう問題ではない〜。



(3/31追記:アレルギー学会では、「イーストコネクション」という言葉はすでに『死語』になっているとのことです・・・。)

(4/5追記:北海道大学に「消化管常在真菌(カンジダ菌 Candida albicans)によるアレルギーリスクの増加と食品によるその制御」について研究されている先生がいらっしゃいます。園山研究室:http://www.agr.hokudai.ac.jp/fbc/sonoyama/)