構造化コーディネート研究所(cc−labo)

代表である豊田美智子の個人的なブログです。事業所のURLはhttp://cc-labo.jp/です。

おでこに「たんこぶ」作っちゃいました。


 電動車椅子で黄砂と共に走る旅?を終えた昨日、寝る前に洗面台の前に立った時に、最初に左足の膝の力が抜け、その後に右膝そして脚全体の力が抜け、身体ごと洗面台の前にへたり込んでしまいました。その際に、洗面台でおでこを打ってしまいました。ゴ〜ンって、除夜の鐘かい?!と思うような音が鳴りました(--)

 痛いな〜と思いつつ眠り、朝になっておでこを触ってみると、「たんこぶ」ができているではないか。。今日の午後になって、顔の筋肉を動かすだけで、「たんこぶ」に痛みが走るようになりました。顔にシップ貼るのも恥ずかしいし、そもそも毎度のことながらアスピリン喘息のためシップが使えない私は、ひたすら痛みをガマンするしかありません。

 以前にも書きましたが、自分の脚で歩くと脚がこわばります。でもそのこわばりが天然のコルセットになってくれて、今でも何とか歩けています。けれど昨日は、自宅以外では歩いていません。なのでこわばり製造マシーンが働かず、脱力状態のまま眠る時間を迎えました。こわばりがないから、脚で身体を支えられなくなっていたんでしょうね。車椅子に乗ると脚がラクになりますが、その分、脚の脱力が強くなります。車椅子の功罪かもですねえ。


 今日も脚は脱力状態のままです。今日は車での移動が主でしたが、それでもある程度は歩いたので、少しはこわばりが製造されました。明日のリハで「たんこぶ」へっこまへんかなあ(ムリムリ)。