構造化コーディネート研究所(cc−labo)

代表である豊田美智子の個人的なブログです。事業所のURLはhttp://cc-labo.jp/です。

電動車椅子、バッテリー切れるの早すぎ。


 今日は自宅から幹線道路へ出て、税務署→郵便局→保健所→市役所→主要駅前ターミナルまで電動車椅子で出かけてきました。いずれの機関も、バスが通る幹線道路の道沿いにあります。田舎とはいえ幹線道路沿いだから、歩道も広いし、かつ平坦なので走りやすかったです。
 ウチから最も近い行政機関が税務署なので(だからといって税務調査に来ないでね、税務署職員さん。私は稼ぎが少ないしさ)、そこで青色申告所得税の書類を提出してきました。すでに作成し終えているので提出コーナーに並びましたが、銀行のATMのように、並んでる人が1本線になるよう、支柱とベルトで通り道が作られていました。
 当り前ですが、車椅子であろうが無かろうが関係なく、くねくねしたその通り道を健常者の方と同様に並びます。その幅がとっても狭いから、支柱を2本ほど倒してきました。ここは電動車椅子の教習所か〜って自分でツッコミ入れてきました^^


 保健所はアポイントを取っていなかったのですが、先日お会いした栄養士さんが紹介してくださった腎臓病の方向けの甘味料(タンパク質を控えながらもカロリーをとれる甘味料)である「粉飴」のサンプルを、保健師さんが届けておいてくださったので、そのお礼にお伺いしてきました。
 申告書を作成しながらいろいろ実験した結果、残念ながら天然のオリゴ糖(「ラフィノース」:2%ほどショ糖が混じります)や「オリゴのおかげ」のように、サトウキビ(砂糖などの原料)や砂糖大根(甜菜糖などの原料)からできたオリゴ糖は身体に合いませんでした(胃痙攣がおきます)。ジャム等に加工してもダメでした。でも、おなじオリゴ糖でも、でんぷんからできた「粉飴」は大丈夫でした。
 私に合う甘味料は、どうやら「マービー」や「粉飴」、そして「米水飴」(スプーンですくうことができなくなったけれど)のように、穀物やいも類などのでんぷんからできたもののようです。メープルシロップは食べ過ぎたため(あるいはショ糖に近いため)か、ちょっと怪しくなってきました。現在、自己実験かつ自己観察中です。
 
 はるもにあハウス(H+B:林原グループさん)のHPより。でんぷんからできたマルトオリゴ糖です。
 http://www.harmonia-house.com/detail.php?iid=66


 市役所では国保と障害医療の窓口で、コルセットとヘッドマスターカラーの療養費償還手続きをしてきました。以前一緒にお仕事させていただいた障害福祉の方ともお話してきました。もうすぐ異動が発表になる季節です。異動があってもなくても、連絡くださいね〜とお話してきました。そうそう、私の住む市では、自動車税の減免申請更新書類は郵送で送られてきますよ〜>さとりんへ


 そして主要駅前ターミナルに到着。始めて車椅子で私鉄バスに乗って、自宅に帰ろうと思いました。でも案の定、本数の少ない田舎路線バスなので1時間以上待ち。仕方がないので車椅子で入れるミスドに入り、重たいカップ(持つのが大変)でカフェオレを飲みながらバスの出発を待っていました。障害者用トイレが付近にないので、もれそう?なのを我慢しながらでしたが(^^)
 その後、バスに乗りました。運転手さんがバスのステップの蹴上げ部分から手でスロープを出して、車椅子のまま乗り降りさせてくださいました。でもそのスロープの急なこと・・・。ちょっと怖かったなあ。
 私が乗った私鉄バスでは、車椅子の乗客が車内に待機するために、座席を2つ折りたたまないといけません。途中で乗って来られた“おぢさん”が、座れんやないか〜って白い眼で見ておられました。すみませんねえ。でも、電動車椅子で能動的に動き始めたことにより、私の趣味?である人間観察の新たな場が増えたので、いろんな方からいろんな眼で見られるであろう今後が楽しみです(マゾ?)。


 バスを降り、帰宅後しばらくして、リハ病院の診察に向かいました。しかし、その途中で電動車椅子のバッテリーが切れ始め、とろとろ運転しかできなくなりました。病院には電池切れかけ寸前に到着できました。
 仕方無く、リハ病院でバッテリーの充電をさせていただきました。満タン充電していったのに、バッテリー切れるの早すぎるぞ。こんな調子なら、市外へ出られないじゃない。今度、業者さんに、なんでやねんって聞いてみようっと。
 リハ病院では、リハDrと事前指示書や気切・人工呼吸器、NIPPVの件などについて話をしてきました。長くなるので、その内容はまた今度、記します。


 そんなこんなで、電動車椅子で巡る市内行政機関日帰りの旅:早春編が終えました。電動車椅子だから自分で能動的に動くことができ、そしていつもとは違った高さ・目線から見ることができる街の姿がとてもおもしろかったです。また1人で、今度は電動車椅子で電車に乗る練習をしたいです。もっと遠出できるよう、都会へ出られるよう、まずはバッテリーをどうにかしてくれー。