構造化コーディネート研究所(cc−labo)

代表である豊田美智子の個人的なブログです。事業所のURLはhttp://cc-labo.jp/です。

ケアマネさん決定、コルセット納品、マウスピース完成、ヘッドカラー後日。


 今日は終日、私のケアに関する日となりました。午前中に、保健師さん、地域包括支援センターの介護支援専門員(ケアマネ)さん、そして居宅介護支援事業所の介護支援専門員(ケアマネ)さんお2人にお会いしました。皆さまはお知り合い同士であり、とても良さそうな人間関係をお持ちであるようにお見受けしたので、こちらの居宅介護支援事業所さんと契約することにしました。また、高齢福祉だけでなく、障害福祉も手掛けておられる居宅介護支援事業所さんなので、高齢者ではない・高齢者とは異なる私のニーズについてお話させていただくことができるように思いました。

 今日は顔合わせの後、私がリハ病院で某義肢装具屋さんとお会いする約束をしていたので、皆さまとあまりお話する時間がありませんでした(と思っているのは私だけかもしれないけれど)。取り急ぎ、暴走用?電動車椅子のレンタル手配をお願いしました。私の審査結果が要介護2になったので、地域包括支援センターのケアマネさんとは本来なら今日でお別れになります。でも、これからも離しません(^^)。今後とも、ヘンコな私とのお付き合いをどうぞよろしくお願い申し上げます。


 リハ病院で某義肢装具屋さんとお会いし、軟性コルセット(胸椎ダーメン:支柱12本)とヘッドマスターカラーの装着をしました。胸の上から骨盤までを覆うコルセットなので、体幹の揺れがかなり減りました。ただ、コルセット自体が重いのと、出っ張った腰(骨盤)の骨が痛くなるのと(タオルを当てないと痛くてつけてられない)、トイレの時に外さないといけないのがちょっと難点です。歩く時だけじゃなく、椅子に座っている時も転落防止のため着けておきたいのですが、着けていると腰が痛くなってきます。私の姿勢が悪いのか、着け方が悪いのか、コルセットは座位には向かないのか良く分かりません。。ヘッドマスターカラーも到着しました。でも、発注したものと色が違う。なので後日、送っていただくことになりました。ちなみにヘッドマスターカラーの健康保険上の耐用年数は2年とのこと。コルセット(1.5年)よりも長いんですね。

 その後、リハをしていただきました。こわばりがある方が歩けるけれど、こわばりで歩くクセがつくと筋力が低下していってしまう。逆にいえば、筋力が低下しているからこわばりに頼ろうとする・・・などなど、セラピストさんからお聞きしました。やっぱり徐々に脚の筋力が落ちてきているんですね。また今日は、始めて両下腕に電気で筋肉を刺激していただきました。刺激後しばらくはとても腕や手が動かしやすかったです。でも時間が経つと、いつも以上に動かなくなってきてしまいました。刺激により下腕が疲労してしまったのかもしれません。うまくいかないもんです。


 またまたその後、今度は歯医者さんへ。今日は、前回の診察時に型取りして作っていただいた上歯用のマウスピースを合わせてもらいました。写真を載せると気持ち悪いと思いますので、止めておきます。マウスピースを着けるとアゴの位置が変わるため、逆にアゴが疲れるような感じがします。これは慣れの問題かな? まだ長時間の装着をしていないので、着け心地はあまり分かりません。今日、寝る時に使ってみます。

 あと、指の力がないとマウスピースの着脱がしにくいです。出っ歯かつ歯並びの悪い私の場合、前歯を利用して取り外しすると良いみたいです^^。作っていただいたマウスピースは、折れやすいのと、使用しない時は常に水につけておかないと変形するそうです。入れ歯よりも、取り扱いに注意が必要ですね。


 そんなこんなで、自分のケアでドタバタした一日でした。今日一日で、ケア人脈とケアアイテムが増えました。みなさま、これからもどうぞよろしくお願い申し上げます。